« バザーを手伝う。 | トップページ | 大絣のきものを解く。 »

2004/06/14

『四件の墨打ち』終える。

染めた反物に
お客様の寸法を糸印でパーツ分けする仕事が
墨打ちである。

今回は、紋入れのためだけに
衿肩開きの位置決めが
主たる目的。

先週末より取り掛かっていた
無地二反、柄物二反の計四反をやり終えた。


「くりこし五分」が一般的だが、
この四件のうち、ひとつが一寸であった。
きものの「大きく衿をぬく」着方は
舞妓さんのその姿をイメージしてしまうが、
今回はふっくらとした身を包むための、くりこし分であるらしい。

|

« バザーを手伝う。 | トップページ | 大絣のきものを解く。 »

お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『四件の墨打ち』終える。:

« バザーを手伝う。 | トップページ | 大絣のきものを解く。 »