« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/14

2013年 夏物 紗三丈反物。

雨は降らなくても蒸し暑い京都です。

つい先日 お茶関係のイベントに出かけました。

お茶事ではないので 私は単衣の紬に生紬の紅型染の帯を取り合わせました。

天候に恵まれ、少し気温も上がり気味でしたが
お着物姿の多い中、淡いお色の友禅染 単衣のお着物に絽の帯のお取合せが この時期、とても素敵に感じました。

中には絽の着物姿の方もいらして 気候に合わせてご自由にお取合せの方もおいででした。


さて、昨日は早くも猛暑となりました。
6月といえども絽や紗に気が走ります。

今回は そんな白生地反物をさらっとご案内申し上げます。


まずは紋紗三丈反物から。柄が立ちます。

Dsc09051Dsc09052

Dsc09053Dsc09055

次の市松柄のお品物はギ紗でございます。

Dsc09054

次にお盛夏にすっきりとした柄の紗。

Dsc09056Dsc09057


柄ものがお好みでない場合は 平絽より やはりほら絽がお洒落に思います。

Dsc09058

以上でございます。


反物それぞれの詳細につきましては
お問い合わせいただきますよう お願いいたします。


三浦清商店では ご用途に応じた白生地のご相談を承っております。

お誂えもの 悉皆御用のご相談、白生地へのお問い合わせは
お電話・メールでも承っております。
お電話は 三浦清商店 ℡/Fax 0752311529

店主 メールアドレス     tenshu@miurasei.jp
白生地や メールアドレス  shirokijiya@miurasei.jp
(メールアドレスはすべて半角小文字です)

どうぞ何なりとお申し付けくださいませ。

ご覧いただきまして ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/01

2013年6月 薄物紬三丈反物。

青葉が瑞々しい季節でございます。

店先の染上り品も夏物の行き来が多くなってまいりました。


さて、今回は 薄物三丈反物をご覧いただきます。

珍しい 夏物小千谷紬もご覧くださいませ。


まずは生紬。
すっきりと 夏着物の装いをお愉しみいただけます。
こちらは生地巾も広く、裄丈の長い目の方にもご利用いただけます。
Dsc_0155


>>>丹後産の漆糸でカジュアルさを添えた紬です。<<< 6月1日記載
すみません、ご案内を以下のように訂正いたします。<<< 6月7日訂正

丹後さんのカジュアルさを添えた紬です。
左は 緯糸に漆糸で段を入れています。
右は 柞蚕糸(さくさんし)を使用し、緯糸に柿渋糸で段を入れています。
Dsc_0154sDsc_0156


そして 小千谷紬。
経縞のお品物は生紬糸を使用しており、盛夏にお愉しみいただけます。
Dsc_0157Dsc_0158

以上でございます。


以下 6月3日に追記です。
盛夏にお愉しみいただける絹紅梅がございました。
絹紅梅の白生地です。

Dsc_0157

生地巾1尺02分、丈は3丈5尺以上ございます。
お好みのお色で無地で、または 柄を付けられてもステキだと思います。

三丈反物それぞれの詳細につきましては
お問い合わせいただきますよう お願いいたします。


三浦清商店では ご用途に応じた白生地のご相談を承っております。

お誂えもの 悉皆御用のご相談、白生地へのお問い合わせは
お電話・メールでも承っております。
お電話は 三浦清商店 ℡/Fax 0752311529

店主 メールアドレス     tenshu@miurasei.jp
白生地や メールアドレス  shirokijiya@miurasei.jp
(メールアドレスはすべて半角小文字です)

どうぞ何なりとお申し付けくださいませ。

ご覧いただきまして ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »