« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013/01/31

2013年 白山紬 -帯地 白生地-。

厳しい寒さが緩み 日中は暖かく感じる日がございます。

一月月末の今日、ご紹介させていただくのは
2013年初荷で店に入りました 白山紬の帯地です。

まずはご覧くださいませ。

生地端に薄くあたっておりますが 加賀白山紬伝統技法保存会の判がございます。
101315


白山紬の特長である 張りと光沢、
そして 主張しすぎない節糸が 染め仕事にも
すてきな逸品です。

13013111301312


13013131301314


九寸巾、一丈三尺ございます。

価格などは どうぞお問い合わせくださいませ。

わたくしは 久しぶりにお誂え心が湧いてまいりました。

三浦清商店では ご用途に応じた白生地のご相談も承っております。

お誂えもの 悉皆御用のご相談、白生地へのお問い合わせは
お電話・メールでも承っております。
お電話は 三浦清商店 ℡/Fax 0752311529

店主 メールアドレス     tenshu@miurasei.jp
白生地や メールアドレス  shirokijiya@miurasei.jp
(メールアドレスはすべて半角小文字です)

どうぞ何なりとお申し付けくださいませ。

ご覧いただきまして ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/01/22

2013年 お振袖用白生地。

前回の記事で 紋八掛付き反物をご案内いたしました。

Dsc08732この反物は 四丈反物ということで、
この棚から『四丈』と書かれた箱の中を
いろいろ見ては 素敵な反物も 
いろいろ見つけるわけです。

一般の方には直接ご利用にはなられないと思いますが 今回は、 
とても可愛らしいお振袖用の白生地を ご覧いただきます。


まずは 【新平綸子 紗綾形四釜 五丈五尺】
130121f02

【緞子 雲柄】 と 【緞子 五枚朱子 桧垣柄】
130121f08130121f09


【駒緞子 本紋 橘と蘭 四丈四尺】 と 【平綸子 本紋 菊と蘭 五丈五尺】 
130121f03130121f06


【新平綸子 橘 五丈五尺】
130121f07


【金通し 四丈】 と 【銀通し 四丈】
130121f01130121f05


最後に 三越ちりめん 四丈
130121f04


以上は振袖用の白生地ですが
中に五丈五尺というお品物がございます。
これは お振袖に八掛も付いている共八掛地の反物です。
つまりは 「どんぶり」で振袖が作れるということでしょうか。

さて、ひとつ問題です。

「橘と蘭」の生地が2種ありますが どこかが違いますね。

わたしは気が付くのにずいぶん時間がかかりました。

答えは明日、Facebookページにでも。。。


また それぞれのお品物の詳細につきましては
どうぞお問い合わせいただきますよう お願いいたします。

三浦清商店、Facebookページを設けました。
Facebookをなさっていない方でも見ることはできると思います。
少しゆるい感じに店の中をご案内させていただきます。
もちろん 特に いいね! も不要です。
ご興味があれば一度お立ち寄りくださいませ。
三浦清商店Facebookページ


三浦清商店では ご用途に応じた白生地のご相談も承っております。

お誂えもの 悉皆御用のご相談、白生地へのお問い合わせは
お電話・メールでも承っております。
お電話は 三浦清商店 ℡/Fax 0752311529

店主 メールアドレス     tenshu@miurasei.jp
白生地や メールアドレス  shirokijiya@miurasei.jp
(メールアドレスはすべて半角小文字です)

どうぞ何なりとお申し付けくださいませ。

ご覧いただきまして ありがとうございました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/17

2013年 長身美人の方、色無地用反物へのお問い合わせ。

冬土用入りでございます
こちら京都でも雪の舞う予報が続き 聞かれます。

庭には毎年 この時期になりますと
福寿草の芽がみっつ 
厳寒の中に 春への招待状のようにお目見えいたしますが
傍らの梅の花芽はまだまだかたいものです。

Dsc08748Dsc08745


さて、この春 四月にご着用予定の色無地着物の
お誂え染めをご検討いただきまして
白生地反物へのお問い合わせをいただきました。

ご案内させていただく前に 手持ちの反物をみつくろいますが
まずは寸法の見積もりのために お着物寸法をお尋ねいたします。
寸法のない場合は まず ご身長、裄丈からお尋ねいたします。

Dsc08732ご身長が168cm、
裄丈72cmとのこと。
三浦清商店では 
身丈 4尺4寸、
裄丈 1尺9寸 として 
三丈物と四丈物の箱の中からお品物を選びます。

さて、ご案内です。

紋八掛付きの反物
表地とは別に 柄の入った八掛地が付いています。
【松皮菱柄】 と 【唐花柄】
Dsc08749Dsc08750


以下、三丈反物のご案内になりますが
これらのお品物には別に八掛地が必要となります。

【縫い取り三丈反物】(色違い2種)
うるし糸で柄が織り込まれています。
柄はそのままの色が残り、染まるのは白い部分のみ。 
Dsc08751Dsc08752

【本紋緞子 紗綾形に小花】 三丈反物。
緞子白生地ですので 光沢のある着物に上がります。
1205293

紋意匠三丈反物
【唐草小花柄】 と 【斜め格子に花柄】 
Dsc08754Dsc08753

【よろけ小花柄】 
Dsc08755

最後に【市松に宝散らし柄】
この反物は一尺巾ですので 1尺9寸の裄丈には
仕立てにムリがございますが ご案内まで。
Dsc08756

以上でございます。

いずれもAB反ですので お買い得なお品物でございます。
また それぞれのお品物の詳細につきましては
どうぞお問い合わせいただきますよう お願いいたします。

三浦清商店、Facebookページを設けました。
Facebookをなさっていない方でも見ることはできると思います。
少しゆるい感じに店の中をご案内させていただきます。
もちろん 特に いいね! も不要です。
ご興味があれば一度お立ち寄りくださいませ。
三浦清商店Facebookページ


三浦清商店では ご用途に応じた白生地のご相談も承っております。

お誂えもの 悉皆御用のご相談、白生地へのお問い合わせは
お電話・メールでも承っております。
お電話は 三浦清商店 ℡/Fax 0752311529

店主 メールアドレス     tenshu@miurasei.jp
白生地や メールアドレス  shirokijiya@miurasei.jp
(メールアドレスはすべて半角小文字です)

どうぞ何なりとお申し付けくださいませ。

ご覧いただきまして ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/09

2013年 今年も染め出します。

まこと 寒いのですが、日中は日差しを強く感じるほどです。

三浦清商店では 各種 広巾白生地販売のほかにも
四丈反物や三丈反物、襦袢地、八掛地に帯地や帯揚げ地、半衿の
お誂えものの染め出しも承っております。

白生地とお色を選んでいただきながら
お誂えのお楽しみも味わっていただきたいと思っております。


Dsc08728染め上がりましたお品物。
左 藤色のお品物は 
よろけ縞に雪輪の
紋意匠三丈反物で
コートへのお仕立てを、
右 緑色のお品物は 
浜ちりめん四丈反物。
ひとつ紋を入れた袷着物へのお仕立てをさせていただきます。
お仕立てにはひと月ほどのお時間をいただいております。

八掛地一枚と塩瀬一巾の半衿10枚続きの白生地は
それぞれ 額ぼかし染めと無地染めへと染め出します。
額ぼかし染めは10日ほど、
無地染めは一週間ほどのお時間をいただいております。

また、帯揚げ地も練りに出して染め出しできる準備をいたします。
Dsc08725今年最初の練りは紋ちりめん・水玉吹雪柄の帯揚げ地3疋です。
ごわごわした表面にも 水玉柄のぽつぽつが見えます。

練りにはだいたい一週間ほどのお時間を要します。


何かとお品物が行き来するなか、2013年も
みなさまのご来店を心よりお待ち申し上げております。


三浦清商店では ご用途に応じた白生地のご相談も承っております。

お誂えもの 悉皆御用のご相談、白生地へのお問い合わせは
お電話・メールでも承っております。
お電話は 三浦清商店 ℡/Fax 0752311529

店主 メールアドレス     tenshu@miurasei.jp
白生地や メールアドレス  shirokijiya@miurasei.jp
(メールアドレスはすべて半角小文字です)

どうぞ何なりとお申し付けくださいませ。

ご覧いただきまして ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/07

2013年 あけましておめでとうございます。

庭の梅の木も椿もまだまだつぼみが固く、
山茶花の紅い色に和んでおります。

1301071


さて、三浦清商店。
5日から店は開けておりましたが お取引先とのご挨拶も
今朝から多くの方がお目見えでございます。

1301072


店先には初荷もどんどん届いております。

今年も元気に、楽しい出会いを重ねながら素敵な一年を過ごしたく存じます。

みなさまのご多幸もお祈り申し上げつつ、
本年もどうぞご贔屓くださいますよう よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »