« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »

2012/12/21

2012年 『往復書簡 カメオのピアスと 桜えび』 と 一陽来復。

いよいよ今年も押し詰まってまいりました。
今日、12月21日は冬至でございます。
これからの厳しい寒さに備えて 
少し気合いを入れる日、のようにも感じられます。

また この時期になりますと 一年を振り返る機会も増えてまいります。
2012年も みなさまに ご愛顧を賜りまして まことにありがとうございました。


三浦清商店は まこと 小さな個人商店ですが
2月には 月刊 『茶の間』 2012年3月 早春号 にて 
お誂え染めストールが、
3月には 『清野恵里子のきものの愉しみ帯あそび』 では 
お誂え染め帯揚げ、
6月には 『きもの好き 永遠の「名品小物」』 では 
半衿のお品物がお目見えいたしまして
多少なりとも 白生地たちに親しんでいただける気がして 嬉しいことでございました。

ところが、秋ごろより このブログもすっかり滞ってしまいました。
私ごとでたいへん恐縮ではございますが
私どもも 同世代の人たちと同様、高齢を迎えました親が居り、
特に母たちは 怪我をしてはそれにまつわる体調不良に見舞われておりました。
怪我は治るものの、辛い思いの毎日が続くようでしたが
こちらまで辛くなりました。

どうしようもなく過ごす毎日に沈む気持ちにも慣れたころ、
偶然にも 大切な方から一冊の書籍を贈っていただきました。

121221著者は 有田雅子さん と 清野恵里子さん。
遠く離れた異国間だからこそ交わされた
お二人のメールでの往復書簡をまとめられた一冊です。
本のカバーが わたしには着物の友禅染めの染料にある 貝の粉・胡粉のような白色に感じられるのですが
これがまた読み進むに従ってとても心地よいものでございました。

また、きものの話しではないのだけれど。。。と伺いながらも
お二方のこの往復書簡には
色んなものの逸品の話題が随所にちりばめられているのが
うれしいところです。

私も歳だけを重ねて 自分ではどうしようもできないほどの
哀しく辛いこと、しんどいこと、いろいろありますが
お二人のやりとりから 励まされたり励ましたり、
とても不思議な支えられ方をしているような感じがいたします。

『往復書簡 カメオのピアスと桜えび』
有田雅子 清野恵里子
ISBN978-4-08-781515-3
集英社

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで そのような中で迎えた本日の冬至。
冬至は 一陽来復(いちようらいふく) ともいうようですね。

【一陽来復】 いちよう-らいふく 1 《易(えき)で、陰暦10月に陰がきわまって11月の冬至に陽が初めて生じることから》陰暦11月。または、冬至。《季 冬》 2 冬が去り春が来ること。新年が来ること。「―の春」 3 悪いことが続いたあと、ようやく物事がよい方に向かうこと。「―を願う」 goo辞書より 
なんて素敵なんでしょう。 希望という言葉が浮かびました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2013年1月 »