« 2012年6月2日 艶のある紬の着尺 -普段着版- | トップページ | 2012年6月6日 桐箱の価格が変わります。 »

2012/06/03

「真珠色」の帯揚げ。

気が付けば6月に入っておりました。
この日曜日のひととき、ほ、と一息ついております。

三浦清商店では 
『清野恵里子のきものの愉しみ 帯あそび』 発売以来、
お誂えものの染上りの品々に囲まれながらの
毎日を過ごさせていただいております。
ご愛顧を賜りまして まことにありがとうございます。

みなさま お好みのお色をご所望いただきますので
染上りも 色とりどりでございます。
職人さんと私たち数名で 一枚ずつの手仕事として
進めさせていただいておりますので
少しお時間を頂戴することもありまして、
ご理解賜りますと 何より有難く存じます。


その中で 先日ご来店いただきましたお客様の、
お誂えの一枚の帯揚げ。
「白いんだけれど グレーでもブルーでもなく…」
とのご希望に、巡り会えたのが
吉岡幸雄さんの 日本の色辞典 で見た真珠色。

これを 明ヶ雲しののめ の生地で染めあげました。

120603

画像ではお伝えし切れず とても残念ですが
明ヶ雲しののめ の表情が 真珠の光沢を思わせ
しばらくうっとりと見入ってしまいました。

ご本人様にはすでにお届け済みですが
お気に召されまして 長くご愛用いただけるのが
何より嬉しいことでございます。

これからも ステキなお色など
折にふれてご案内できれば、と思っております。

|

« 2012年6月2日 艶のある紬の着尺 -普段着版- | トップページ | 2012年6月6日 桐箱の価格が変わります。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/54865051

この記事へのトラックバック一覧です: 「真珠色」の帯揚げ。:

« 2012年6月2日 艶のある紬の着尺 -普段着版- | トップページ | 2012年6月6日 桐箱の価格が変わります。 »