« 2012年 雨水。 | トップページ | 月刊 『茶の間』 2012年3月 早春号。  »

2012/02/20

2012年 お問い合わせの絹透綾(きぬとうや)4種。

先週末は『白生地やブログ 紋紗の白生地』コメント欄にお問い合わせをいただきましてありがとうございました。

お問い合わせにお答えさせていただきたいと思います。

まずはお問い合わせの内容でございます。

“紋紗 白生地”で検索しておりましたら白生地やさんのブログ、 「2010/06/14 紋紗の白生地」に辿り着きました。 かなり以前のブログなのでどうかと思ったのですがお尋ねさせていただきます。 一番上の画像の生地はございますか? もしおありでしたら、3シーズン着用可能なちりよけ長羽織を作りたいのですが、こちらの生地は適していますか? 価格はおいくらでしょうか? 夢二のデザインしたような雰囲気があり大人可愛い感じですね。 またジョーゼットなどで3シーズンちりよけもあるようですが、白生地やさんには何かお勧めがございますか? よろしくお願いします。

お問い合わせいただきまして まことにありがとうございました。

まずはお問い合わせの紋紗白生地につきまして このご案内の後、
10061411この生地は売れてしまいまして
現在、在庫はございません。

また機屋にも問い合わせてみましたが、今のところAB反は出ていないとのことです。

また、入荷がございましたら ご案内させていただきたいと思います。


次に、春から秋にかけて ちりよけ としてご利用いただける 絹透綾(きぬとうや)の生地を4種ご紹介させていただきます。
柄の部分が二重になっており、透けた感じがございます。
産地は丹後でございます。
なお、一反の価格は 税込で4万円まででございます。


まずは【うねり波柄】白生地でございます。

KinutouyaunerinamiKinutouyaunerinamiz

次に【ダイヤ柄】白生地。

KinutouyadaiyaKinutouyadaiyaz

【立て縞柄】白生地。

KinutouyatateshimaKinutouyatateshimaz

【立て縞柄】以前、お誂えとして染めさせていただきました3色ボカシの染め上がりです。

Kinutouyatateshimasome2Kinutouyatatesome1

【市松柄】白生地でございます。

KinutouyaichimatsuKinutouyaichimatsuz

【市松柄】も同様、お誂えとして3色ぼかしに染めさせていただきました。
2パターンをご覧くださいませ。

Kinutouyaichimatsusome1Kinutouyaichimatsusome3

Kinutouyaichimatsusome2


画像では分かりにくくて申し訳ございませんが
ご不明な点、ご興味などございましたら
何なりとお問い合わせいただきましたら幸甚にございます。
また、今回ご紹介させていただきました染め上がりのお品物は コートとしてご利用でございましたので、撥水加工をいたしました。

なお、写真のような3色ぼかしの染めにはおよそ4週間、
無地染めには2週間ほどのお時間をいただいております。


また ご用がございましたら どうぞよろしくお願いいたします。

お誂えもののご相談・白生地へのお問い合わせはお電話・メールでも承っております。
三浦清商店 ℡/Fax 0752311529
メールアドレス shirokijiya@miurasei.jp (@は半角文字@に置き換えてください)

|

« 2012年 雨水。 | トップページ | 月刊 『茶の間』 2012年3月 早春号。  »

よろず問い合わせ」カテゴリの記事

三浦清商店の反物」カテゴリの記事

三浦清商店の白生地。」カテゴリの記事

コメント

絹とうや??はじめてうかがいました。
オーガンジーコートをみてから、透ける生地のコートに魅せられております。
オーガンジーほどではないでしょうが、
透けているのですね。
なんだか素敵。

投稿: ellie | 2012/02/24 23:09

ellieさま、コメントをいただきましてありがとうございました。
透綾は「すきや」や「すきあや」などと読み、文字通り 透ける薄い織物を示すようですが、五泉などでは古くから夏物生地として生産されていたようです。

この絹透綾は丹後で織られた 二重織のお品物ですので オーガンジーに比べると透けが少なく、生地の動きによってモアレ(縞模様)が出るお品物でございます。
紗、紋紗などの生地に比べるとコシがないように感じます。

記事内の画像はボカシ染のお品物のため 分かり難いですが、無地染めの方がモアレが強く出るかも知れません。

生地にも紗や絽紗、生紬など いろいろ見るのも素敵ですね。

投稿: 白生地や | 2012/02/25 15:48

お尋ね致します。
 帯揚げのお誂えをお願いしたいと思っております。
きもの帯を選ばず、幅広く使える生地はどれになりますでしょうか?
たとえばちりめんは,訪問着、袋帯にはダメでしょうか?
ひとつの生地で全部のきものは無理でしょうか?
 初心者の質問ですみません。

投稿: | 2012/03/28 14:42

この度は帯揚げについて、お問い合わせをいただきまして ありがとうございます。

帯揚げの生地について、かつての決まり事に「フォーマルには綸子地の帯揚げ、ちりめんはカジュアル」というのがあったようですね。そういえば半衿の場合 同じ白色でも 塩瀬に比べると ちりめんは少しカジュアルな感じがいたします。

この度のお問い合わせにつきましては、まことお恥ずかしいことですが 私は着物の着方について指導的なことが言えるものでもなく、個人的には 着物や帯そのものよりも TPOに応じて自分で適当に取り合わせて着ております。
冠婚葬祭などでは綸子、その他 子どもの入学式や卒業式などでは 付下げや訪問着と袋帯などに「色」で合わせた帯揚げを使っています。

一番良いのは 「その場」で決まり事があるのかどうか、一度確認できれば間違いがないのではないでしょうか。私は 分からないことは 同席する先輩方にお尋ねすることにしています。

お問い合わせへのお答えとしては不十分で 大変心苦しいことですが、以上のようなことでございます。

春はお出かけの機会も多くなりますが、お楽しみ多くお過ごしくださいませ。
ありがとうございました。

三浦清商店  三浦恵子

投稿: 白生地や | 2012/03/28 22:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/54031815

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 お問い合わせの絹透綾(きぬとうや)4種。:

« 2012年 雨水。 | トップページ | 月刊 『茶の間』 2012年3月 早春号。  »