« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012/02/28

駒塩瀬の帯地 白生地。

今朝は 予報最低気温が-2℃でございました。
防火用バケツの水には氷が張り、手がすぐに かじかんでしまい、厳しい寒さを実感いたしました。

でも、やはりお昼ごろには 春の日差しがまぶしく、寒さも何となく緩んでいるように感じました。


三浦清商店では 刺繍をされる方からも お仕事前の地染めなどの御用も承っております。

袷の小袱紗用には 小巾の生地なら2尺ほどを 用途に応じて
変りちりめんの東雲や塩瀬、その他の生地を お申し付けいただいております。

その中で 今日は駒塩瀬 九寸巾 帯地、 『蔦』 と名の付いた白生地の地染めをお申し付けくださいました。

1202281
新潟は五泉の塩瀬。
帯にして2本分でございます。

帯一本ごとに異なる色のお誂え染めですので、まずは一反を 
半分の丈に裁ちます。

それぞれ 渋札に色見本を付けて 引き染めの職方に託します。

塩瀬は生地に しわや 折れが出ると困るので 取扱いには注意し、
常に巻棒に巻いた状態で扱います。
(反物の左側のお品物は 帯地ではございません。)

12022821202283

今回は 塩瀬 一巾衿6枚分の地染めも承りました。
それぞれ渋札を付けて 染め出し準備が整いました。
右の画像はちょうど 塩瀬 一巾衿 一疋(22枚続き)が染上り、
これから半衿一枚ごとに 糸印を付けていきます。
(薄色ですので 一巾衿の白生地と並べています)

半衿もしっかりした生地ですが、折れなどの心配は要りませんので 
取扱いも通常の生地同様に、また 染めも浸け染めで染めます。

ところで 今日の渋札への色名書きで 「玉蜀黍」色 がございました。
この漢字 「とうもろこし」 とは滅多に書く機会がなく、
色名でも楽しめた 今日の渋札書きでした。



三浦清商店では ものづくりのお手伝いもさせていただきます。

お誂えものだけでなく 悉皆御用のご相談・白生地へのお問い合わせは
お電話・メールでも承っております。
お電話は 三浦清商店 ℡/Fax 0752311529

店主あてのメールは   tenshu@miurasei.jp
(@は半角文字@に置き換えてください)

白生地やへは     shirokijiya@miurasei.jp まで
(@は半角文字@に置き換えてください)
ご連絡くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/25

春を感じて。

好天に恵まれた昨日の最高気温は 京都で13℃近くまで上がったそうです。
久しぶりに鉢植えをお日さまに当てました。

庭には 福寿草と梅の花芽がふくらんできていました。

12022431202244

週明けには 一時 寒さが戻るのが かわいそうなのですが
その後は 暖かい日ごとに花開くことでしょう。


ふと よもぎ餅が食べたくなり、出町柳のふたばへ。

12022411202242

豆餅と田舎大福とよもぎ団子。
一口いただくだけで ほんのりとした春のにがみが よもぎのかおりとともに  口いっぱいにひろがりました。
期待通りでございました。

明けて、今日は雨の朝を迎えました。
庭木も春の雨を受けて花開く日を窺っているようにも見えます。


身近なもので春を感じながら
今日も元気に過ごしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/23

2012年 紋ちりめんの帯揚げ 六種。

あいにくの空模様の京都でございますが
春を思わせるとても暖かい嬉しい一日でした。

明日はお天気も回復するようで、とても楽しみでございます。

さて、先日は紋意匠の帯揚げ地をご覧いただきました

今回は紋ちりめんの帯揚げ地を六種、ご覧くださいませ。

まずは 紋ちりめん帯揚げ地 【桜散らし柄】 と 【麻の葉段柄】。

MonchiriobiagesakurachirashiMonchiriobiageasanohadan

【波柄】 と 【横霞(よこがすみ)柄】。

MonchiriobiagenamiMonchiriobiageyokogasumi

【市松宝尽くし柄】 と 【水玉吹雪柄】。

MonchiriobiagetakarazukushiMonchiriobiagemizutamafubuki


以上でございます。


今回は画像を小さくいたしました。
私は大きい画像の方が伝わるように感じますが
ご覧いただいているみなさまにはどうかしら、と気になります。


三浦清商店でお取扱いしております帯揚げ地には
柄のある 「紋意匠帯揚げ地」 と 「紋ちりめん帯揚げ地」 の他にも
無地のお品物や 夏物がございます。
また追ってご覧いただきたいと存じます。


今週末には寒さが戻る予報がございますが
みなさまどうぞご自愛のうえ お過ごしくださいませ。





お誂えもののご相談・白生地へのお問い合わせはお電話・メールでも承っております。
お電話は三浦清商店 ℡/Fax 0752311529

店主あてのメールはこちらまで   tenshu@miurasei.jp
(@は半角文字@に置き換えてください)

白生地や メールアドレス shirokijiya@miurasei.jp
(@は半角文字@に置き換えてください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/22

月刊 『茶の間』 2012年3月 早春号。 

京都も 今にも雨が降り出しそうな空模様でございます。
でも とても穏やかな 底に暖かさを含んだような空気でございます。

この度 月刊 『茶の間』 2012年3月 早春号が発行されました。

地元京都からの情報を発信されており、特集もすべてが京都ですので ひとつひとつ見入りながら拝読いたしました。
オーダーできる帽子や靴なども ご近所に工房をもっていらっしゃることを知りました。


そんな情報誌に 三浦清商店も掲載していただきました。

12022211202222


三浦清商店のストール類にはいくつか種類がございます。

120222312022241202225

掲載のお品物の白生地は 
画像の上左から 【房付きダブルサッカー(誌面ではグレー色)】
【絹麻ラメ入りショール(同うすグリーン)】
【みじん格子ストール(同ピンク)】
でございます。


その他にも紋紗の柄違いもございます。

1202226
その中の一部 【フェザー柄、ブドウ柄、更紗柄】 でございます。

生地とお色をお好みに応じてお選びいただけます。
春の装いに合わせて お誂えはいかがでしょうか。





お誂えもののご相談・白生地へのお問い合わせはお電話・メールでも承っております。
お電話は三浦清商店 ℡/Fax 0752311529

店主あてのメールはこちらまで   tenshu@miurasei.jp
(@は半角文字@に置き換えてください)

白生地や メールアドレス shirokijiya@miurasei.jp
(@は半角文字@に置き換えてください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/20

2012年 お問い合わせの絹透綾(きぬとうや)4種。

先週末は『白生地やブログ 紋紗の白生地』コメント欄にお問い合わせをいただきましてありがとうございました。

お問い合わせにお答えさせていただきたいと思います。

まずはお問い合わせの内容でございます。

“紋紗 白生地”で検索しておりましたら白生地やさんのブログ、 「2010/06/14 紋紗の白生地」に辿り着きました。 かなり以前のブログなのでどうかと思ったのですがお尋ねさせていただきます。 一番上の画像の生地はございますか? もしおありでしたら、3シーズン着用可能なちりよけ長羽織を作りたいのですが、こちらの生地は適していますか? 価格はおいくらでしょうか? 夢二のデザインしたような雰囲気があり大人可愛い感じですね。 またジョーゼットなどで3シーズンちりよけもあるようですが、白生地やさんには何かお勧めがございますか? よろしくお願いします。

お問い合わせいただきまして まことにありがとうございました。

まずはお問い合わせの紋紗白生地につきまして このご案内の後、
10061411この生地は売れてしまいまして
現在、在庫はございません。

また機屋にも問い合わせてみましたが、今のところAB反は出ていないとのことです。

また、入荷がございましたら ご案内させていただきたいと思います。


次に、春から秋にかけて ちりよけ としてご利用いただける 絹透綾(きぬとうや)の生地を4種ご紹介させていただきます。
柄の部分が二重になっており、透けた感じがございます。
産地は丹後でございます。
なお、一反の価格は 税込で4万円まででございます。


まずは【うねり波柄】白生地でございます。

KinutouyaunerinamiKinutouyaunerinamiz

次に【ダイヤ柄】白生地。

KinutouyadaiyaKinutouyadaiyaz

【立て縞柄】白生地。

KinutouyatateshimaKinutouyatateshimaz

【立て縞柄】以前、お誂えとして染めさせていただきました3色ボカシの染め上がりです。

Kinutouyatateshimasome2Kinutouyatatesome1

【市松柄】白生地でございます。

KinutouyaichimatsuKinutouyaichimatsuz

【市松柄】も同様、お誂えとして3色ぼかしに染めさせていただきました。
2パターンをご覧くださいませ。

Kinutouyaichimatsusome1Kinutouyaichimatsusome3

Kinutouyaichimatsusome2


画像では分かりにくくて申し訳ございませんが
ご不明な点、ご興味などございましたら
何なりとお問い合わせいただきましたら幸甚にございます。
また、今回ご紹介させていただきました染め上がりのお品物は コートとしてご利用でございましたので、撥水加工をいたしました。

なお、写真のような3色ぼかしの染めにはおよそ4週間、
無地染めには2週間ほどのお時間をいただいております。


また ご用がございましたら どうぞよろしくお願いいたします。

お誂えもののご相談・白生地へのお問い合わせはお電話・メールでも承っております。
三浦清商店 ℡/Fax 0752311529
メールアドレス shirokijiya@miurasei.jp (@は半角文字@に置き換えてください)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/02/19

2012年 雨水。

京都は雪景色で朝を迎えました。
本日は二十四節気でいうところの雨水。

5年前に入手したほぼ日手帳jの付録、旧暦のしおりを片手に四季の移ろいを楽しんでおります。

120219雨水を迎えると
もう雪は降らず、降るなら雨、
という時期。

積もった雪も溶けはじめます。
とのこと。


明日以降は日中の最高気温も上がる予報がありますが
たまに寒さが戻る日もあり、
そうして繰り返しながら一日ごとに春が近づいてくるようでございます。

春の芽吹きと共に三浦清商店もネット上ではございますが、何らかの形で時代の遅れを取り戻すべく新たなスタートを切りたいと願っておりますが、前途多難でございます。

みなさま、どうぞ近づく春に素敵な一歩で前に進むような気持でお過ごしくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/16

2012年 盛夏の着尺。

すこし前に透けない夏物着尺をご案内いたしました。
一部重複いたしますが、
今回は盛夏の、涼しげな装いの着尺でございます。

まずは前にもご紹介いたしました【静衣紋】。
Gisha1


そして三浦清商店ではギ紗に入れる薄い三丈物2点。
【ブドウ唐草柄】 と 【小市松柄】。
Gisha3Gisha2

紋紗2点。
【芝露柄】 と 【あられ柄】。
Monsha1Monsha2

さらに涼しげな織りの 絽紗、【萩に露芝柄】。
Rosha

そして夏物生紬を 変り糸の入ったものと2点。
KawaritsumugiNamatsumugi

定番の駒絽 と ほら絽。
RoHoraro

夏の浴衣でありながら着物としても通る 絹紅梅。
Kinukoubai

寒い寒いといいながら 夏も盛夏のお品物でございます。

すこし身体を温めながら今年の夏の情景を思い浮かべてしまいます。


三浦清商店では無地染めなどの悉皆も承っております。

お誂えもののご相談・白生地へのお問い合わせはお電話・メールでも承っております。
三浦清商店 ℡/Fax 0752311529
メールアドレス shirokijiya@miurasei.jp (@は半角文字@に置き換えてください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年 紋意匠の帯揚げ 七種

春の気配を窺っては心躍る日々を過ごしておりましたが、
やはりまだまだ2月の半ばでございます。
少し寒さが戻ってきたようです。

気持ちを寒さ対策に傾けた方が良さそうでございます。

さて、「よろずお問い合わせ」。
今回は紋意匠の帯揚げ地について、現在の三浦清商店では定番のお品物、7点を一挙にご覧いただきます。
柄が見える程度に少し暗い画像にしております。
また、画像サイズを大きくしたのですが、見難いかも知れません。。。


ご要望にお応えいたしまして 紋ちりめん帯揚げ地もご覧いただくことができます。


まずは紋意匠帯揚げ地 【枝梅柄】 と 【枝桜柄】 です。

EdaumeEdasakura

【源氏香之図】 と 【丸紋松竹梅】

GenjikouMarumonshouchikubai

【たて縞柄】 と 【ななめ縞柄】。

TateshimaNanameshima

【立て出しふくれ】。

Tatedashifukure


以上でございます。

ただ残念なことに以前にもお伝えしておりましたでしょうか、
この先、三浦清商店での丸紋松竹梅のお取扱いが難しくなってまいりました。
現在15枚ほどの在庫はございます。
その他6点は今後も定番としてございます。
ご入り用の折にはどうぞよろしくお願いいたします。

(2014年2月訂正)

お誂えもののご相談・白生地へのお問い合わせはお電話・メールでも承っております。
三浦清商店 ℡/Fax 0752311529
メールアドレス shirokijiya@miurasei.jp (@は半角文字@に置き換えてください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/14

2012年 フレキシブルな帯揚げ地のサイズ。

春先の冷たい雨に見舞われ、寒さの厳しさも少し変ってきたようです。

さっそくですが、先日お振袖用にお誂えなさいます総絞りの帯揚げについてお問い合わせをいただきました。

1202141見本に、手持ちの30年ほど前の帯揚げを出してまいりました。
使う立場からはあまり気にしておりませんでしたが
総絞りの帯揚げには 巾が1尺から1尺5分の 襦袢地ほどの重さの本紋の生地が使われておりました。

通常5尺足らずの帯揚げですが、6尺ほどの生地に絞りを施して3尺程度の、短くて巾の狭い帯揚げに仕上がります。

これを、今の三浦清商店から お願いできる職方に依頼すると それはそれは高価なお品物になってしまうようです。


さて、通常とは異なるサイズの帯揚げ地ということで 今回 偶然ですが長尺の帯揚げ地のご要望がございました。

機屋に相談したところ、通常帯揚げの一疋は10枚続きのお品物なのですが、耳の数を減らして9枚続きに仕上げてくれました。

1202142それぞれ一枚を引き出して並べますと耳から耳までの長さにして 20cmほど長い帯揚げ地になりました。
但し、あいにくと この長尺の帯揚げは切売りの対象ではございません。


帯揚げ地、サイズは案外フレキシブルなのですね。

三浦清商店の主な白生地は、国内の機屋さんの手で作られているお品物でございます。

お誂えもののご相談・白生地へのお問い合わせはお電話・メールでも承っております。
三浦清商店 ℡/Fax 0752311529
メールアドレス shirokijiya@miurasei.jp (@は半角文字@に置き換えてください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/12

2012年 お問い合わせへのご案内-夏物三丈物-

京都は朝には吹雪に見舞われましたが、晴れれば日中の日差しは春のものでございます。

さて、さっそくですが 『夏物ながら透けないお品物』 として3点ご案内申し上げます。

それぞれ広げ置いた画像と柄の拡大画像そして透け感をご覧いただけるよう撞木(しゅもく)に掛けた画像をご覧くださいませ。

寿光織ですが紬地でございます。
Photo
Photo_2Photo_3

「静衣紋」と名がございますお品物。
Photo_4
Photo_5Photo_6

紋市松柄のお品物。
Photo_7
Photo_8Photo_9

以上3点でございます。

白生地のご案内を画像でさせていただく上で
ココログなどのブログでは画像をクリックするだけで拡大表示する機能がとても便利です。
でも 少し気になる点もございます。
いろいろ試行錯誤しながらの日々でございますが おつきあいのほどよろしくお願いいたします。

お誂えもののご相談・白生地へのお問い合わせはお電話・メールでも承っております。
三浦清商店 ℡/Fax 0752311529
メールアドレス shirokijiya@miurasei.jp (@は半角文字@に置き換えてください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/10

2012年 三浦清商店の白生地 -襦袢地-

寒さは変わらず厳しいのですが 気が付けば前の日に比べると緩んでるのかしら、と感じることがございます。

日が翳ってから撮ったものですが 梅の花芽と福寿草です。

12021021202101

まだ固いようですが春に向けての準備は確実に進んでいるようです。

さてご要望もあり、襦袢地の画像を一挙に並べます。

まずは三浦清商店の定番、麻の葉柄とうろこ柄の襦袢地。
これはキズのないA反の取扱いでございます。
Jubana1Jubana2

夏物A反の襦袢地。
まず 絹では五泉の絽。
Jubansun4

次は麻の本絽。
Jubansun1

そして麻の紋紗。
Jubansun2Jubansun3

海島綿。
Subansun5

B反の紋りんず。
中には現品限りのお品物もございます。
Jubanb1Jubanb2

Jubanb3

さて、次の三点は春らしい柄。
どんなお色がすてきでしょう…。
Jubanb4Jubanb5

Jubanb6
さすがに桜ふぶきは少し早いかもしれませんが、長襦袢といえどもお誂えはお時間を要するものでございます。

春の装いも今から具体的に考えるのも早すぎることではございません。

120209つい先日とても春らしいお取合せの帯揚げをお誂え染めいただきました。
思わず画像を残しておきました。
帯揚げと色を合わせたお襦袢も素敵でしょうね。


―いろいろ春のお品物を考えながら すこし寒さを忘れてしまうのもよろしいかと。

お誂えもののご相談・白生地へのお問い合わせはお電話・メールでも承っております。
三浦清商店 ℡/Fax 0752311529
メールアドレス shirokijiya@miurasei.jp (@は半角文字@に置き換えてください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/06

2012年 お雛様飾り

日差しがとても穏やかに感じた先週の日曜日に、お雛様を飾りました。

1202061長女の初節句からほぼ20年。
当初は大層に思えましたが
今となってはお人形もそれぞれが身近に感じ楽しみながら飾っています。
お雛様のお姿は十二単におすべらかし。

季節や行事によって襲の色目が決められていたらしく
拝見するにはまこと美しいお姿ですが、実際その時代には座っていらっしゃるだけでも重みを支えておられたのですね。

飾り終えて買い物に出ると 雛菓子の売り場が設けてございました。

12020621202063

右のチョコレートは嵯峨乃彩(株式会社嵯峨野松風)のお品物。
雛菓子というよりはバレンタインの時期に合わせたものでしょうが
扇をモチーフにしたものもカラフルで素敵でした。


3月が近づく頃には生菓子や雛蒲鉾が楽しめます。
年中行事を通して季節を味わうことを改めてうれしく思います。

特に春の訪れは心待ちでございます。
華やかなお飾りとお品物で春気分を味わいながら過ごしてみるのも素敵です。


=後日追記=

3月3日には見る目にも春らしい数々を楽しみました。
12030311203032

いつも楽しみにしているのが やはり雛蒲鉾とひちぎり(引千切)。
それぞれ 京蒲鉾茨木屋さん と 鶴屋吉信さんのごちそうです。

庭の福寿草も花開き、梅の花もずいぶん開いてまいりました。

12030351203034

寒さを無事に過ごせたご褒美のようで 本当に嬉しい気持ちで
ながめています。

こちらはついでの春の山菜です。
1203033

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/01

三浦清商店の加賀白山紬 着尺 白生地

2月を迎えました。
これから3日には節分、4日には立春が控えております。
この時期が寒さ納めといいますか、
春から始まる季節がまた巡ってまいります。


町屋では畳の上での座り仕事は寒いものです。
そこで広げた生地が少し新雪のゲレンデのように見えました。

Photo

三浦清商店の主力であるお品物。
加賀白山紬でございます。




Photo_2二巾、二四巾、三巾などの広巾では主にお風呂敷用としてご愛用いただいておりますが、このお品物は小巾の疋物でございます。
着物用に1反のご入り用を承りましたので、疋物を巻解いて丈半分に裁断いたしました。


加賀白山紬の着尺にもいろいろ種類がございます。

Photo_3

生地重さ、巾の異なるお品物をすこし並べてみました。





Photo_4

こちらは手織りによる玉糸紬(加賀白山紬)の着尺。



加賀白山紬の白生地を手にしますと織のまろやかな光沢に気品を感じます。

私なら無地、淡めの黄味がかったクリーム色に白っぽい帯を締めて帯締めと帯揚げでアクセントをつけたいな…などと春のお出かけに思いをめぐらせてしまいます。

それからもうひとつ、手織りの牛首紬もございます。
Photo_5
牛首紬の朱印も認定印もございます。
糸の紡ぎ手と織り手のお名前も記してございます。
一反ごとに感じるものはまた人によっても異なるのかもしれません。


ご来店の折にはいろいろお手に取って比べていただきますと嬉しく存じます。


お誂えもののご相談・白生地へのお問い合わせはお電話・メールでも承っております。
三浦清商店 ℡/Fax 0752311529
メール shirokijiyaあっとmiurasei.jp (あっとは@です)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »