« 2012年 小寒に 集英社『樋口可南子のいいものを、すこし。-その2-』をご紹介。 | トップページ | 2012年 福寿草。 »

2012/01/18

2012年 冬土用入。

冬の土用の入りでございます。
これから立春までの18日間が冬の土用ということです。
寒さも厳しさが増してまいります。

1201181その中で我が家では家の中に入れた鉢植えの花芽が大きくなってまいりました。
旬を大きく外したハイビスカスです。
暖かい季節とは異なり、時間をたっぷりかけながら一輪の大きな花を楽しませてくれます。

次第にふくらむ様子を励みに 寒さに縮こまることなく過ごしたいと思います。


さて、白生地や 三浦清商店はここ京都で白生地の卸・小売をさせていただいております。

1201182仕事もオットである店主と二人三脚ではございますが、ご遠方からお越しいただく方、お問い合わせのうえご注文くださる方、みなさまにお喜びいただけるよう努めております。

絹生地といたしましては 
加賀白山紬 はじめ、
富士絹、塩瀬、羽二重、鬼しぼちりめん、信州紬、浜紬 などの
小巾から広巾まで 白い生地を疋売り・切売りさせていただいております。
目方、生地巾の異なるお品物を取り揃えておりますので
用途に応じて三浦清商店をお役立ていただきたく存じます。

塩瀬にはふくさ用、帯用などがあり、小巾以下の狭いものから尺八巾・二四巾などがございます。
羽二重も刺繍や絞りの裏打ち用として、またはつまみ細工でもご利用いただいております薄地の14匁から特厚地の20匁もございます。

お誂えお風呂敷や呉服の悉皆も承っております。

いろいろと時代の流れに沿って変わってしまう部分もございますが
各地の機屋から仕入れた白生地を
昔から変らないスタイルで職方回りをしております。


店主と白生地や、そして番頭の三人です。
Tenshu1Yamaguchi



お品物のお問い合わせはお電話でもメールでもお伺いいたします。
ご入り用に応じて 何なりとお申し付けくださいませ。

三浦清商店  (平日午前9時より午後5時ごろまで営業)
〒604-0026
京都市中京区二条通り新町東入る大恩寺町240番地
℡/Fax 075-231-1529
メールアドレス(白生地や宛) shirokijiya@miurasei.jp
          (@も半角文字に置き換えてください)

|

« 2012年 小寒に 集英社『樋口可南子のいいものを、すこし。-その2-』をご紹介。 | トップページ | 2012年 福寿草。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/53765653

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 冬土用入。:

« 2012年 小寒に 集英社『樋口可南子のいいものを、すこし。-その2-』をご紹介。 | トップページ | 2012年 福寿草。 »