« 紬 白生地 -着尺を少し- | トップページ | 2011年 大晦日。 »

2011/12/21

2011年 冬至を前に。

冬至を明日に控え、小春日和をはさみながらも寒い毎日でございます。

1112211師走に入ってから寒くなり、少し温度を上げた湯船も乾燥肌には少し刺激を感じます。
最近食用ではないゆずの入手先を知り、この冬もお風呂に浮かべております。
柚湯に浸かりますとゆずの香りに心身ともに温まるような気がして 至福の時間をすごしております。

太陽の位置が最も低くなり日照時間も最も短くなる冬至ですが、京都の冬はこれからが本番。
ますます寒くなりますので 風邪をひかないように気をつけながら過ごしたいものです。


さて、この冬ショールやマフラーの生地を新たに取扱い始めましたが、その中でお勧めのひと品をご覧ください。

Wsakka1Wsakka2

ダブルサッカーショール地です。
丹後で袋状に織りあげたシルク100%のサッカー生地。
見るからにふわふわしてやわらかく、肌当たりも素敵だろうなぁ、と さっそく自分用に染め出しました。

1112212

きれいなピンクは友達へのクリスマスプレゼントに。
カードとチョコレートを添えて贈ります。

そして薄いグレーが私のもの。
1112213さっそく巻いてみました。
肌触りがやわらかくて二重に巻いてもとても軽いです。
そして何より
― あたたか~い。。。

染上りで生地サイズは巾30cm+α。丈は房を入れずに175cmくらいでしょうか。
湯のしをしない染めっぱなしで 不器用な私は房結びをしていただきました。

ふんわり織られたシルクなのでコートの中にも納まり良いです。


とにかくこれからしばらくは寒さ対策が必要ですね。
みなさまもどうぞご自愛くださいませ。


お誂えもののご相談・白生地へのお問い合わせはお電話・メールでも承っております。
三浦清商店 ℡/Fax 0752311529
メール shirokijiya@miurasei.jp (@も半角文字@でお願いします)

お電話は主に主人 三浦剛司(たけし)が、
メールでは私「白生地や」こと 三浦恵子がお伺いしております。

|

« 紬 白生地 -着尺を少し- | トップページ | 2011年 大晦日。 »

三浦清商店の白生地。」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/53534156

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年 冬至を前に。:

« 紬 白生地 -着尺を少し- | トップページ | 2011年 大晦日。 »