« 2011年 大暑。 | トップページ | 2011年 立秋 »

2011/07/29

2011年 現実。

京都は昨日激しい雷雨に見舞われました。
その朝、ある一通のご挨拶状を、突然の廃業のご挨拶状を受け取り、深い衝撃を覚えました。

確かに近頃は友禅染のお仕事も減っていたとはいえ、老舗であり、多くの悉皆御用が必ずお世話になるその工程が仕事として成り立たないほど縮小していたなんて信じられません。

数日前にお願いした悉皆物もあります。
店の帳面にご依頼者とお品物、その悉皆内容を明記し、それを渋札に記してお品物に添付します。
同時にお店専用の伝票に同じ内容を記載して託してきました。

友禅染のお品物には「蒸し水元」「ゴム糸目オール」。
ろうけつ染のお品物には「ローケツオール」。
悉皆御用には欠かせない存在であり、多くのお誂え染めのお着物や帯をお世話になってきました。
私が初めて職方回りをしたのもこの工場だったと思います。
本当に辞められるなんて未だに信じられませんがこれが現実です。

これまで三浦清商店も深くお世話になってきた感謝の気持ちを伝えたいです。
ありがとうございました。


いろいろ大変なこともある毎日ですが、私たち三浦清商店も周囲の変化に合わせて変わらなければならないこともあるかも知れませんが、一日一日を大切に、ご利用くださる方お一人おひとりに感謝しながら過ごしていこうと考えています。

|

« 2011年 大暑。 | トップページ | 2011年 立秋 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/52337505

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年 現実。:

« 2011年 大暑。 | トップページ | 2011年 立秋 »