« 更に修業中。 | トップページ | 炉開きと亥の子もち。 »

2010/11/12

お世話になったあの方へ。

京都も紅葉のたよりに賑わっております。
名所に行くまでもなく色づいた周囲の山々を背景に御苑や街路樹が素敵に秋色を楽しませてくれます。

さて、この時期になりますとそろそろ一年を振り返る準備が始まります。
今年気になっていたことがあります。
子どもを通してお世話になった方に、改めてご挨拶もせぬまま失礼しておりました。
現在は公の場でも洋装でいらっしゃることが多いものの、京都に居れば次第に和装も必要になります。

お仕着せにはなりますが、わたしも重宝したふた色を冬と夏の帯揚げに染めて贈らせていただくことにしました。

101112

紋ちりめん市松宝尽くしの帯揚げはやや赤みをしのばせた薄いベージュ色。
絽東雲の帯揚げは少し落ち着いた感じの薄い水色。
のしをかけて和紙で包装したいと思います。

ご使用いただけると嬉しいのですが、師走になればご挨拶に伺うことにいたします。

贈答用として半衿や帯揚げを箱に入れるご注文をいただくことも少なくありませんのでわたしも今回利用することにいたしました。
自分で選んだお色ですので 少しどきどきします。

|

« 更に修業中。 | トップページ | 炉開きと亥の子もち。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/50007404

この記事へのトラックバック一覧です: お世話になったあの方へ。:

« 更に修業中。 | トップページ | 炉開きと亥の子もち。 »