« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010/11/27

二条駿河屋さんの『嵯峨菊』

白生地やは街なかの木々を拝見するばかりですが、京都は秋晴れに紅葉がまこと見事でございます。
連日車の渋滞がお気の毒ではございますが、どうやら更に見頃を迎えたのがこの週末のようです。

さて、なかなか名所には向かませんが
京都は二条城より東に二条駿河屋さんがございます。
ただ今ウィンドウにはおじ様が天塩にかけていらっしゃるお花がお目見えし、秋の二条通りを彩っております。

101127嵯峨菊でございます。

この画像は拙宅にて投げ入れたもので たいへん恐縮ではございますが
ご覧になっていくつのお色がご確認いただけますでしょうか。


繊細な花弁と豊かな芳香を放ち、秋の風情を楽しませていただいております。
美味しいお菓子と合わせて五色の嵯峨菊もお楽しみくださいませ。

お花が好きな方は駿河屋さんのご主人とのお話もはずまれると存じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/18

広沢の池の紅葉

所要のため実家に行きました。

ちょうど京都御所の一般公開の影響でしょうか
外出しますと街なかには人も車も普段より多く行き交っているように感じます。

紅葉もゆっくりと拝見する機会がありませんでしたので
帰り道にわたしの大好きな広沢の池まで
秋を感じるために立ち寄ってみました。

1011181
1011182

本当に変わらないこの場所(歴史的風土保存地区)。
対向車とすれ違う時の脱輪への緊張感まで変わらない大好きな風景。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/15

炉開きと亥の子もち。

本日はお茶のお稽古でございました。

11月は炉開きと、師走は各人何かと御用がございますので今年最後のお稽古となりました。
私はずいぶん勝手をしておりまして夏以来のお席入りでした。
月一回の大切な緊張の場でもありますが
特に本日は寿ぎの場に一つ紋のお着物に袋帯を合わせました。

久しぶりの着物姿は決して満足のいくものではありませんでしたが
心のゆとりと適度な緊張を取り戻すには十分でした。

こうして生活リズムを整えながら同席したみなさんとお茶室でよばれるお茶と亥の子もちの美味しかったこと…。
「丹楓」の御軸、白玉椿、暦を含んだお茶碗。
また新たな気持ちで過ごす思いが自然に湧いてきました。
お稽古ごとを続けていて良かったと実感しております。
まだまだ余韻に浸りながら帰宅、お仕事の続きをいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/12

お世話になったあの方へ。

京都も紅葉のたよりに賑わっております。
名所に行くまでもなく色づいた周囲の山々を背景に御苑や街路樹が素敵に秋色を楽しませてくれます。

さて、この時期になりますとそろそろ一年を振り返る準備が始まります。
今年気になっていたことがあります。
子どもを通してお世話になった方に、改めてご挨拶もせぬまま失礼しておりました。
現在は公の場でも洋装でいらっしゃることが多いものの、京都に居れば次第に和装も必要になります。

お仕着せにはなりますが、わたしも重宝したふた色を冬と夏の帯揚げに染めて贈らせていただくことにしました。

101112

紋ちりめん市松宝尽くしの帯揚げはやや赤みをしのばせた薄いベージュ色。
絽東雲の帯揚げは少し落ち着いた感じの薄い水色。
のしをかけて和紙で包装したいと思います。

ご使用いただけると嬉しいのですが、師走になればご挨拶に伺うことにいたします。

贈答用として半衿や帯揚げを箱に入れるご注文をいただくことも少なくありませんのでわたしも今回利用することにいたしました。
自分で選んだお色ですので 少しどきどきします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/06

更に修業中。

霜月を迎え京都の紅葉だよりのチェックにも力が入ります。

家族の事情から私もこれまでの内仕事だけでなく店番、職方まわりを少しずつですが しなければならないようになってきました。
お品物を持って自転車で職方のはしごをすることはご近所とはいえ慣れず、その上「ついで」の買い物などが加わると体力不足を実感することになります。
帰宅すると少しへろへろになってしまいます。
情けない気持ちもありますが、自転車で走り回るのは子育て以来。
これも修業のうちと、早く慣れるしかありません。

また先日のこと、昼どきの混んだ店での買い物を済ませて店に戻るとお客様がいらしてました。
この時期、年賀状の準備のためにお世話になった方々のことを想い、ちょうど懐かしんでいた方です!
へろへろ&再会の喜びで思わず店先に出て話し込んでしまいました~
後のご予定もおありだったでしょうに、とても案じております。
この場をお借りしてお詫び申し上げます。


オットに頼りきっておりますが、白生地も種類によって用途があります。
お客様のお話を直接伺いながらご要望にお応えできるよう、「白生地や」もまぁぼちぼちと店に顔を出していきたいと思っています。

とりあえずは自転車走り、がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »