« 世界文化社 『自分でできる きもののお手入れ&お直し』 | トップページ | 紋糊 -メンコを貼る- »

2010/07/21

お誂え男物きもの 五つ紋の羽織と西陣上代御召。

京都では祇園祭の鉾巡行を境に梅雨が明け、連日猛暑に見舞われています。
この連休には二年ぶりに義母との合作でお地蔵さまの前掛けを四枚仕上げることができ、喜んでおりましたら夏風邪による激しい腹痛に倒れてしまいました。
皆様、くれぐれもご警戒くださいませ。


さて、連休明けからお品物の染め上がり品が揃ってまいりました。
一部をご紹介させていただきます。


・西陣上代御召の白生地です。
1007211生地巾は尺五分。
紋付きのお着物では以前に羽二重をご用意させていただいておりましたので、この度はやや洒落さをもちながらもお茶席でご着用いただける西陣御召をお薦めいたしました。
遠方をご来店のうえ、白生地に触れていただき色見本帳より色をお選びいただきました。
五つ紋を入れて仕立てます。


10072121007213

墨打ちした白生地に紋糊を置いて色見本帳左上から二つ目の色に染めます。
紋糊方と引き染め方、それぞれの職方の手が入りますが 渋札にすべての指示を記載いたします。


10072141007215

染め上がりの反物です。
今回は羽二重の黒紋付き羽織も合わせてお申し付けいただきました。
黒反物には「藍した黒染め」を確かめる藍色の色窓が設けてございます。

・お仕立てに必要な生地を取りそろえます。
1007216染め上がりの反物二反。
羽織には額裏をご用意。
着物には共色の通し裏を誂え染めました。
手書きになりますが、あらかじめお預かりしておりましたお着物より採寸した寸法を お客様に合わせた留意事項と共にそれぞれに書き添えます。

仕立て職方に手渡しておよそひと月お時間をいただきます。
上品に洒落たお着物。
仕立て上がりをお客様にお確かめいただく日が楽しみです。

|

« 世界文化社 『自分でできる きもののお手入れ&お直し』 | トップページ | 紋糊 -メンコを貼る- »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

きもの」カテゴリの記事

三浦清商店」カテゴリの記事

三浦清商店のお仕立」カテゴリの記事

三浦清商店の反物」カテゴリの記事

三浦清商店の白生地。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/48931698

この記事へのトラックバック一覧です: お誂え男物きもの 五つ紋の羽織と西陣上代御召。:

« 世界文化社 『自分でできる きもののお手入れ&お直し』 | トップページ | 紋糊 -メンコを貼る- »