« 気に入った反物 ‐その後‐ | トップページ | 気に入った反物 -仕立て上り- »

2010/05/27

お誂え染め -紬のきものの八掛地-

さわやかですが、肌寒い日が続きます。
袷のきものの話題には最適かも知れません。

さて、お申し付けいただいておりました八掛地のお誂え染めが上がってまいりましたのでご紹介させていただきます。

紬のおきものの、表地色に とも色(同じ色)とのこと。
白生地は紬用・両駒の八掛地(駒糸を使用し、紬への沿いも良いお品物)です。

1005201 1005202 

左は表地色が薄い色です。着姿に八掛地がひびくと困りますので 額ぼかし染めをします。
右の2点は無地染めで大丈夫でしょう。


十日ほどおひにちをいただきましたが染め上がりました。

1005271 1005272 

いずれも紬地の端切れをお預かりいたしましたので 染め上がった八掛地を当ててみると仕立て上がったお着物のイメージが浮かび、わたしも楽しませていただけるのがうれしいです。

|

« 気に入った反物 ‐その後‐ | トップページ | 気に入った反物 -仕立て上り- »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

きもの」カテゴリの記事

三浦清商店の白生地。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/48470343

この記事へのトラックバック一覧です: お誂え染め -紬のきものの八掛地-:

« 気に入った反物 ‐その後‐ | トップページ | 気に入った反物 -仕立て上り- »