« 次女の十三参り。 | トップページ | お誂え染めのきもの »

2010/04/08

お誂え染めの帯揚げ。

春先の安定しない空模様ですが、多くの方にご来店いただいております。
まことにありがとうございます。
中でも一番人気は雑誌 七緒 さんでもお馴染みかと思いますが、帯揚げのお誂え染めです。

ご来店いただいてから 白生地の状態で地紋をお選びいただきます。
無地だけでもちりめん(重目と普通品がございます)・東雲・明ヶ雲東雲・絽・絽東雲があり、地がちりめんの紋ちりめんと 地が綸子の紋意匠には それぞれ7種類以上の地紋がございます。
実際に手に取ってご検討いただいております。

着物姿では小物ですので柄はあまり見えませんが お花見やお茶事、慶事など、お召しになるお着物の用途に応じてアドバイスさせていただくこともあります。

白生地が決まればお手持ちの帯やお着物、そして帯揚げのお色を参考に、お誂えいただく色を色見本帳を見ながら決めていただいております。
どうぞお気軽になんでもお尋ねいただければ嬉しく存じます。

ご注文内容をお伺いしてからがわたくし、白生地やの仕事です。
悉皆帳面に内容を書き写し、渋札を作り、職方を回ります。
あ、職方回りはオットの仕事です。

1004081

染め方より持ち帰った染め上がり状態の帯揚げです。
これで12色、15枚の帯揚げがまとめてあります。
すこし色を見てみましょう。

1004082

淡い色から濃い色まで みなさんいろいろお楽しみいただいております。

1004083

今回は黒染めのご依頼がありました。
藍下(あいした)という、色に深みを加えるため黒に染める前にまず 藍色に染めた黒染めの色です。
重目のちりめんですのでより深みのあるお品物になります。

このあと湯のし仕上げをしてみなさまのお手元にお届けさせていただいております。
お誂え帯揚げが着物姿にぴったり合ったときの嬉しさは本人でないと味わえないのかも知れません。
わたしもいつも楽しんでおります。
これからお出かけにも良いご時候ですので、みなさまもどうぞお楽しみくださいませ。

|

« 次女の十三参り。 | トップページ | お誂え染めのきもの »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

三浦清商店」カテゴリの記事

コメント

ここに載っているお色以外で見本の様なものはありますか?お誂え染めに関して、詳しく知りたいので連絡いただけると幸いです。

投稿: 斉藤 | 2010/06/21 12:52

斉藤さま、コメントをいただきましてありがとうございます。
後ほどご連絡させていただきますので どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 白生地や | 2010/06/21 14:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/48031790

この記事へのトラックバック一覧です: お誂え染めの帯揚げ。:

« 次女の十三参り。 | トップページ | お誂え染めのきもの »