« これからの季節に向けて 「帯揚げ」。 | トップページ | 魚をさばく。 »

2007/06/03

これからの季節に向けて 「お色」。

そう、今お誂えで上がってくるお品物でまず多いのは 駒絽のお襦袢。
白のままでお仕立に出したものである。
私の手持ちのものは薄いグレーがかった水色だけれど、やはり白を一枚持っていると 紗っぽいお着物の場合 どのような色でも合わせることができて便利かも知れない。

帯地にしてもお着物にしても 今は本当に薄いお色でのご注文が多く、たとえばそれが夏紬系のお品物だと もともと生成り色がかっているので 特に薄いお色にはその持ち味が邪魔になる場合がある。
オットなどは引き染め方に出向いては一品ずつ お色の染まり具合を確かめている。
お客様にお気に召していただけるかどうか、私などはかなり緊張する。
染め上がってひと息つき、仕立方に出して仕立上がりを待ちわびるのだけれど、やはり反物で拝見するより仕立上がりのお品物は格段に良いお品物になって帰ってくる。

いつも不思議で感動することである。

|

« これからの季節に向けて 「帯揚げ」。 | トップページ | 魚をさばく。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/15295154

この記事へのトラックバック一覧です: これからの季節に向けて 「お色」。:

« これからの季節に向けて 「帯揚げ」。 | トップページ | 魚をさばく。 »