« お誂えお着物 -奈良Sさま 壱-。 | トップページ | お誂えお着物 -奈良Sさま 参-。 »

2007/06/29

お誂えお着物 -奈良Sさま 弐-。

紬の反物を拝見したところ生地の傷みなどはありませんでしたので、色を決めていただくことにいたしました。

ご来店いただきますと 染め生地による色見本を見て決めていただくことができます。帯揚げのように薄手のお品物とは異なり、お着物のお色はなるべく生地色見本をご参考にしていただきます。
これまでに蓄積した 手織り紬を染めた見本切れなどもご覧いただいて、色見本と実際に染まった色の雰囲気をお確かめいただきます。

0706301 050426

Sさまは 単衣に水色系、袷にベージュなどの暖色をご希望だったと記憶しておりますが、単衣のお着物は生地色見本帳の染匠から、そして袷のお着物は清野恵里子さんの きもの熱掲載のお写真から お色を決めてくださいました。

point:真綿様の紬は和物のどの系統のお色にも本当に素敵な仕上がりを見ますので、お客様のお好み次第でそれぞれにお楽しみいただけるお品物でございます。

Sさまにはご自身の着物寸法表をご持参くださいましたので、こちらに控えさせていただきました。

point:ご自身の寸法がはっきりされない方には お手数でも 着やすく感じていらっしゃるお着物を拝見したり、初めてのお着物をお誂えいただく方には ご身長と腰まわりの寸法から標準を割り出すこともできます。

---------------------------------

そして染め上がりでございます。
0706303 0706302

・・・画像ではその風合いなどを伝えきれないのが残念です。

point:紬の白生地を 加工する前処理として「湯通し」があります。 紬地の場合 特に先染めのお品物は生地の寸法が心もとない場合が経験上多いのですが、「湯通しとゆのし」の工程で丈を、「巾出し」を施すことで生地巾に 多少のゆとりを出せることがあります。Sさまの白生地も通常の湯通しで丈が十分になりました。

|

« お誂えお着物 -奈良Sさま 壱-。 | トップページ | お誂えお着物 -奈良Sさま 参-。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

きもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/15593170

この記事へのトラックバック一覧です: お誂えお着物 -奈良Sさま 弐-。:

« お誂えお着物 -奈良Sさま 壱-。 | トップページ | お誂えお着物 -奈良Sさま 参-。 »