« スポットでのお取扱い。 | トップページ | 「わがまま」や「勝手」ということ。 »

2007/05/06

『子犬のカイ』君の、その後。

飛び石だったこの連休は ゆっくりとご家族とのお時間を過ごされた方もいらっしゃることでしょう。私の連休は わわわーっと過ぎてしまい、今頃にほっとひと息ついています。

実は子供の日を前に、嬉しいニュースが飛び込んできたんです!

昨年出版された 愛犬を家族に持つ身には共感の嵐が吹き巻く清野恵里子さんの著書 『子犬のカイがやって来て』 のあとがきにありますが

英国盲導犬協会五十年の歴史を背景にして、我が国に素晴らしい盲導犬の子孫を残すという、栄誉あるミッションを担ってやってきたワンコである

カイ君、昨年の3月にはすでに 7匹のパピーたちのお父さんになっていたのです(そしてその子たちは恐らくこの5月にも盲導犬になるための訓練を始められるのだとあります)。

嬉しいニュースはまた、この4月にも元気な赤ちゃんが誕生し、なんと去年と合わせて30匹の子供たちの立派なお父さんなんだそうです。その中の お母さん・ラナちゃんと一緒に過ごすかわいい9匹の赤ちゃんたちの様子が拝見できます(2007年4月10日以降)。

本当にかわいい赤ちゃんですね、カイお父さんっ!

061117_09090001061117_09160002061117_09070002

**おめでとうございます**

ほっとひと息入れるために またまた『子犬のカイがやって来て』を手に、「犬に笑い、犬に泣き。」体験してしまいました。

|

« スポットでのお取扱い。 | トップページ | 「わがまま」や「勝手」ということ。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/14956066

この記事へのトラックバック一覧です: 『子犬のカイ』君の、その後。:

» 高齢で引退した盲導犬と一緒に暮らしてみませんか? [レーシックで視力1.5の世界へ!【レーシック体験記満載】]
九州盲導犬協会によると、育成頭数を増やした時期にデビューした盲導犬が、次々に高齢となって引退し、後任育成が問題となっています。団塊世代の大量退職よりも一足早く、2007年問題に直面しているようです。盲導犬には資質というものが必要で、育成するのも容易ではないそ...... [続きを読む]

受信: 2007/05/18 00:21

» 「10th ガイドドッグオープンデー」北海道盲導犬協会 [のんびり工房のひとりごと]
もう、しばらく前のことですけど、4月22日、北海道盲導犬協会のイベント、「10th ガイドドッグオープンデー」に家族で行ってきました。 [続きを読む]

受信: 2007/05/24 02:02

« スポットでのお取扱い。 | トップページ | 「わがまま」や「勝手」ということ。 »