« 気分転換。 | トップページ | 明日はひな祭り。 »

2007/03/01

私の「お誂え訪問着」の締めくくり。

この度のお誂えにお支払いした金額を最後に記載しておく。

これは私のこの生地、この柄、この工程(結局縫い紋も含めてあまりお直しをしていません)での費用であって、柄によってはお高くなったりお安くなったりするものである。特に柄に関しては、同じような絵柄であっても 凝れば凝るほど技術を要し、高価になる。また、凝った柄ほど柄合わせが大変なことから お仕立代が高くなっていくものなのである。

それが現実であり 一体一枚の着物にいくらほど掛かるのか分からない状態では、誰もお誂えなどできないのではないだろうか。そして染め上がりのお品物を沢山見て、最も気に入ったものを選ぶことになる。気に入れば、それはそれで何より良いことである、と私は思うのである。

店の本棚に無造作に並べられている数十冊の上品會の本。美しい装丁は目を引き、いつしか手に取って見るようになっていた。新婚旅行の思い出を込めてオットが作ってくれた訪問着を丸洗いに出したとき、一つひとつの柄から下絵を描いていたオットの姿を思い出しながら、その色合いがこれから年を重ねていくに連れて着にくくなるだろうことを改めて感じた。そして もう一度、今度は私の思いをかたちにした訪問着を作りたい、と思ったのである。
上品會の本を見て 自分の好みの「雰囲気」を持っていた私は、まず価格設定から入った。
京都の、職人さんたちの手仕事でのその価格を、およそ50万円とした。価格にあわせて好みの柄を オットや職人さんと相談しながら進めていった。その結果である。

・生地 浜ちりめん 高砂七号四丈物 一反 ¥30,000
・絵羽仕立 ¥4,000
・下絵   ¥50,000
・糊置き  ¥30,000
・友禅   ¥330,000
・刺繍紋  ¥15,000
・胴裏地  ¥7,000
・袷訪問着仕立代 ¥30,000
小計 ¥496,000
消費税 ¥24,800
◆合計金額 ¥520,800

以上です(疲れた…)。
これを 各工程ずつお支払いしてきたので、分割払いでした。昨日最後の¥37,000+消費税¥1,850を支払いました。
本当に色んな思いのこもった訪問着になりました。
おわりです。

    ――――――――――――――――――――――
この題材は、白生地や(私)が京都の職人達の手で友禅染で誂える自分で着る訪問着です。一連の流れをご覧になる場合は、カテゴリーから趣味を選んでくださいませ。ありがとうございます。

|

« 気分転換。 | トップページ | 明日はひな祭り。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

完成した訪問着、ホントにすばらしいですね!
私のような技術的なことが何も分からない者が拝見しても、素直に素敵!と思えます。
白生地やさんのお気持ちが伝わってくるようです。
しかも諸費用まで公開されて、いつか参考にさせて頂ける日がきたらいいなぁ。

別記事の裄についてですが、私も呉服屋さんで
「洋服と比べると短いと感じるかもしれませんが…」
と、予め理を言われました。
そういうものなんだと納得しましたが、わざわざ言われるということは、クレームに発展することもあったのかもしれませんね。
最初から街着にされるつもりなら長くても良いでしょうが、和への興味が深まって(普通の)お稽古ごとを始められると困るでしょうね。

投稿: 熊五郎 | 2007/03/03 14:18

ありがとうございます。
お誂えの御用をさせていただくと、帯揚げ一枚ずつをひと色ごとに大きな狂いもなく染めてくれる職人さんがいらっしゃるように、友禅のお着物一枚を作るにもそれぞれの工程に卓越した技術を持った職人さんがいらっしゃることは とても心強く感じます。
白生地やは職人さん達に支えられてお誂え仕事をさせていただけることを改めて学びました。

私には贅沢なお品物ですが、価格を明解にすることで 「お誂え」を違った側面からも知っていただけると嬉しく存じます。
ありがとうございます。

投稿: 白生地や | 2007/03/03 23:16

こんにちは~。
くりまゆ紬のお誂えをお願いしたkeiです。
こんな素敵なお誂えをなさっていたのですね(☆ω☆)!!
さかのぼってじっくり読ませていただきました。
本当に素敵なお着物ですね!!
実は私も全くのおあつらえの訪問着を作るのが夢なのです(*v.v)。
○十才になるときの記念にと・・・。
参考にさせていただきます。
またそのときはよろしくお願いしますね!

投稿: kei | 2007/03/05 22:16

keiさん!
先日は楽しいひと時をありがとうございました!
私も「いつかはくりまゆ紬」と このブログでも宣言しておりますが、また素敵な染め上がりと出会うかと思うと心が躍ります。
着心地もさることながら、くりまゆ紬の色マジックをお楽しみに 染め上がりをお待ちくださいませ。
訪問着などをお誂えされるときには 柄に対する思いをしっかり持つことが大切だと実感しております。keiさんのその「思い」の実現にぜひ立ち会わせていただきたいものです。
ありがとうございます(*^_^*)。

投稿: 白生地や | 2007/03/05 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/14095476

この記事へのトラックバック一覧です: 私の「お誂え訪問着」の締めくくり。:

« 気分転換。 | トップページ | 明日はひな祭り。 »