« PC不調の連鎖。 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム-特別展-。 »

2007/02/17

お誂えきものへのそれぞれの思い。

今朝 絵羽方から渋い地色に三色使いの裾ボカシを入れた下絵羽仕立の着物が戻ってきた。渋めの色でありながら薄色のために むしろすっきりとした印象をもつそれは ある型染め染色家から父が伺って進めている仕事であった。

今は柄のないこのお着物に さて どのような柄付けがなされるのかな、と拝見していると これまでに伺ったお誂えお着物や 染め替え・仕立直しをさせていただいたお客様のことを思い出した。
ご来店いただいて お品物をお預かりし、その加工工程を見ながらお客様のお顔を思い浮かべ、そしてお仕立上がりにお渡しさせていただく時のお喜びのご様子を思い出したのである。

親しい友人が関西に居るから、と 白生地をお選びになってから生地が染まった時、お襦袢が染まった時、そしてお仕立上がった時、帯を選ばれた時…。遠方から幾度も足を運んでくださって 本当に嬉しそうに一度こちらで袖を通してからお持ち帰りいただいた方。

求める色にするために幾度も染めを重ねられたという、深みをもちながら重くはない むっくりとしたすてきな色のお品物。その反物の仕立てあがりを拝見したときには このお着物は彼女以外だれのものでもない、というそれまでにはなかった「お誂えお着物」のひとつの深意を感じた。

ご姉妹でお誂えいただいた方、お母様とお嬢様でお見立てされた方、皆さまそれぞれのご意向の元、ご検討いただいてご自身のお着物をお召しになるのを間近に拝見して、私自身のお誂えへの思いがまた、熱く深くなるのを実感している。

|

« PC不調の連鎖。 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム-特別展-。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

お誂え。良いですねぇ。
実に憧れの世界でございます。

投稿: シマリス | 2007/02/17 23:07

シマリスさんの糸から始まるお誂えは 仕立もご自身でなさるという、まさに究極ですね。
いつかそのお着物姿でご一緒したいです。

投稿: 白生地や | 2007/02/17 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/13945738

この記事へのトラックバック一覧です: お誂えきものへのそれぞれの思い。:

« PC不調の連鎖。 | トップページ | 京都国際マンガミュージアム-特別展-。 »