« 着物の帯の締め方。 | トップページ | 身近な春。 »

2007/02/20

コレハ…。

むかし、英語は苦手であるにも関わらずタイプライターでそこそこのワード打数で資格習得に燃えていたことがあった。その頃のタイプライターはハンマー打ちのもので、自分でOlivettiを買ったときは嬉しかったのを覚えている。
ちょうど電動タイプライターが一般の教室にも出始めた頃で、私はそのクッション・タッチが嫌いで、ずっと旧式を使っていた。それにやたら大きかったし…。

070220会社でも暫くはそのクセが抜けず、PCのキーボードを壊すな、と言われては 早く打つ=力が入る の迷惑社員であった。
私のデスクトップのキーボードを見ると、例えばK・L・N・Mのキーは文字が剥げている。それはフツーに気付いていたが、なんなんだろう、このA・S・D・E、そしてかすかにR・Gキーが侵食されているではないか。

Aキーには縦じま、Sキーには横じまが入ってしまっている。
今まで気付かなかったけれども、左手の特に弱い指のキーは特に指を立ててヒットしていたのである。
そういえばホームページやブログを立ち上げるようになってから、タイピング量がかなり増えているのであろう(自分比)。それともキーボードの材質によるものなのだろうか。

他の人のキーボードもよく似た感じになっているのだろうか。妙に気になる。

|

« 着物の帯の締め方。 | トップページ | 身近な春。 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ウチのキーボードもはげてますよ~。
今自宅なので(自宅のPCのキーボードは一応文字が全てクリアに見える)細かいところまでは不明ですが、工房のPCは「M」は真っ白け、「N」もほとんど消えかけて判読不能です。
今度ご覧になります?

投稿: どんかみ | 2007/02/20 22:53

おはようございます。
えーっと・・・。シマリスのは全く剥げておりません。(^_^;)
まだ使用3年だからでしょうか。
いかに恵子さまの集中力がすごいか、分かりますね!

投稿: シマリス | 2007/02/21 07:02

はじめまして!あやと申します。
少し前に「白生地」の事を調べたくて検索していると白生地やさんのブログに辿り着きました。
過去記事も拝見させて頂き、特に新しい訪問着を染められるお話等を興味深く拝見させて頂きました。他にもお着物の事、お仕事の事とても大切にしていらっしゃる事がわかって読み応えがありました。

パソコンのキーボードですが、私はノートを使っているのですが、比較的よく使う「F」のキーボードがひっっかかったようになって動かなくなってしまった事があります。私も学生の頃手動タイプライターをやった事あります。ピアノもやっているので、どうしてもキーを強く打ってしまうのかもしれません.....。

初コメントなのに長くなってしまってすみません。
また、遊びに来させて下さいませ。

投稿: あや | 2007/02/21 09:34

コメントをありがとうございます(*^_^*)。

>どんかみさん
MとNですか。同じですね。塗料が消えてるだけではなく、恐らく磨耗でしょうね。
浴衣を染めるのはまだ少し先になりそうなのですが、是非見せていただきたいです。

>シマリスさん
本当は指紋のあるところでタッチすれば良いのですけれどね。動物で例えれば 肉球でタッチすれば悲惨な状況は避けられるはず。シマリスさんのように、です。

>あやさん
はじめまして。拙ブログを楽しんでいただけましたら幸いでございます。ありがとうございます。
仕事といえば生地などのお品物もそうですが、やっぱりパソコンもお仕事道具だなぁ、と思って手元を見たらハゲシイ状態…。
そうですか、あやさんもホームポジションであるFキーに支障が出たのですね。ノートパソコンのキーボードはクッションも浅そうですね。私はバキッとやってしまいそうです。
今後ともどうぞよろしくお願いしますね。

投稿: 白生地や | 2007/02/21 13:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/13988285

この記事へのトラックバック一覧です: コレハ…。:

« 着物の帯の締め方。 | トップページ | 身近な春。 »