« 隣(オット)は何する人ぞ…。 | トップページ | 「鈍刀煮(どんとうに)」。 »

2007/01/29

素材屋としての白生地屋。

染色作家の方を始めとして、刺繍作家・染織作家、またはアマチュアの方などにもご愛顧いただいておりますが、そのお仕事の素材として 今回ご依頼下さったお品物が仕上がってきた。

070129塩瀬の白生地に加工したこのお品物は、金砂子・銀砂子をのせたものである。恐らく金彩職方にて施されるこれは、箔状のものをそのまま貼ることも可能とはいえ、金屏風などを思い浮かべるだけで その照り具合が全く異なることは見当がつく。
このお品物はこの雰囲気でご満足いただけるだろう。

そういえば染めることのできる帯地として、箔の帯というお品物がある。
この画像の雰囲気とも少し異なる、全体にまったりとした 金、銀それぞれの照りを持つ。

お好みにもよりますが、ご来店の折にはお尋ね下さいますと、手持ちがあればお目に掛けることができる。

|

« 隣(オット)は何する人ぞ…。 | トップページ | 「鈍刀煮(どんとうに)」。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/13707066

この記事へのトラックバック一覧です: 素材屋としての白生地屋。:

« 隣(オット)は何する人ぞ…。 | トップページ | 「鈍刀煮(どんとうに)」。 »