« ハハとしての雑感。 | トップページ | お客様と私、それぞれの落胆。 »

2007/01/19

不思議な女性。

昨年末より お仕事上でお付き合いくださっている方がいらっしゃる。
その方は聡明でいらっしゃるから 多くの人から慕われ、だからこそ お立場もあり、それでいて心の自由度は高く、私のような 何の取り得もない者にまで接点を持ち、様々なことを伝えてくださる。

数回お目にかかるうちに、個人的にも深い信頼感を抱いていることに気付き、この出会いに心から感謝の気持ちがわいてくる。またある種の感動がおだやかに 深くふかく心に響く。そんな不思議な方である。

お目にかかる度に感動を覚える私は その信頼感から出来る限りのお応えをさせて頂く。


今 改めて思うことは、「出来る限りお応えする」それができるこの店、この家業で良かったなぁ ということ。

白生地屋として 少しずつ多様な仕事を手がけることができるようになってきた私だけれど 決して一人で出来ることではない。職人さんたちは元より、やはり家族でさせていただいているのである。
父などは どのような気持ちでこの私の姿を見ているのか分からないけれど、仕事に緊張しているときに相談を持ちかければやんわりと 本当にやさしい響き(の京ことば)で背中を押してくれる。
オットは 気付けばちゃんと支えていてくれる。
ムツカシイこともあるだろうけれど こうしてこれからもやっていくのだろう。

|

« ハハとしての雑感。 | トップページ | お客様と私、それぞれの落胆。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/13579680

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議な女性。:

« ハハとしての雑感。 | トップページ | お客様と私、それぞれの落胆。 »