« 訪問着:染め加工の仕上がり。 | トップページ | ひとつ山をこえて…。 »

2006/12/09

訪問着:刺繍紋をつける。

白生地やの実家の紋は 丸に三つ引きである。が、この紋のついた着物は恐らく一枚も持たない。
すべて母と同じ枝丸桐の女紋を付けている。

0605301_1Furo1オットに最初に作ってもらった訪問着にも この女紋をつけた。そしてこの度のお誂え訪問着には 初めてこの家の紋、片喰を 縫い紋でつけようと思っている。

この着物には下前には背に、上前には胸に紅葉の柄が置かれているので、それとの釣り合いも良くしたい。

私は共濃色にと考えたが、オットは共濃の さらに濃い目の色のグラデーションがおススメのようである。
「折角の縫い紋だし 縫い紋でなければできない仕事の方がいいんじゃない。少し割高かも知れないけれど…。」
などとのたまう。

ご覧の通り片喰はかわいらしい形なので それを生かしたいし…。

よーく考えて 来週刺繍方にお願いすることにする。

|

« 訪問着:染め加工の仕上がり。 | トップページ | ひとつ山をこえて…。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/13000155

この記事へのトラックバック一覧です: 訪問着:刺繍紋をつける。:

« 訪問着:染め加工の仕上がり。 | トップページ | ひとつ山をこえて…。 »