« 頭痛が見せた夢。 | トップページ | 訪問着:刺繍紋をつける。 »

2006/12/08

訪問着:染め加工の仕上がり。

お誂え訪問着の染め加工が仕上がってきた。
前回の色挿しののち、糊糸目落としをして 金彩加工が施された。

0612081こちらは上前身頃スソ(つまり上前衽と上前身頃)から脇・後ろ身頃を並べた写真である。実際の広沢の池を模写したものではないが、ゆったりとした山の連なりをひなびた風景と共に一枚のきものに表現したかったのである。私はこの風景と共に これから来るであろう娘達の成長の節目に慶びを重ねて行きたい。

0612082これは後ろスソ部分である。
今後のこともあるので、友禅方に直接 今回の仕事は本当のところしやすかったかどうかをお尋ねしたところ、やはり ある程度は下絵から友禅方にご相談したほうが 最終イメージを作りながら進めて行きやすいということである。今回は(私の)参考書などを提示したので、それは良かったようである。特に木や山が多すぎて どこで華やかさを出そうか かなりご尽力いただいたようである。

  ― なるほど…。

私もこだわりがあり、あまり見かけない訪問着にもしたかったので、下絵も自分達で手がけたのがご苦労をおかけした元であった。
そういえば父とオットが手がけるきもののお誂え仕事は 下絵から友禅方とお客様とのやりとりで進めていくので、その点が今回 通常のお誂えの流れとは異なる。


このお品物には これから紋を入れてから お仕立に出す。
明日は私のまわりにある紋のことに 少し触れてみたい。

|

« 頭痛が見せた夢。 | トップページ | 訪問着:刺繍紋をつける。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/12989170

この記事へのトラックバック一覧です: 訪問着:染め加工の仕上がり。:

« 頭痛が見せた夢。 | トップページ | 訪問着:刺繍紋をつける。 »