« 棚卸し。 | トップページ | むなしい…。 »

2006/12/24

「スクイーク・ワークショップ」。

興味を持ちながらこの一年は学習を進めることができなかったスクイーク。そのワークショップがここ京都で開催されることを知り、さっそく子供を誘って申し込みのうえ参加した。
スクイークを深める上で楽しく進めていけるプロジェクト・etoys(イートイズ)を数多くこなすことが 子供たちの興味を維持し、さまざまな概念を知る点で大切なのだろう。

そのetoysの中でも今回のテーマはアニメーション。
導入部分ではスクイークの基本操作を復習する折に、動きに関するパラメータの説明や正多角形とその頂点の内角(度)の求め方などを子供たちと考える場面も楽しかった。

さて、実際にはおたまじゃくしを池の中で自由に泳がせる共通プロジェクト制作を通してプロセスを学び、午後からは自由課題を発表し合った。

06122410612242

「自由に泳ぐおたまじゃくし」のスクイーク画面。

06122440612243

子供の作品 「ひまわりが咲くまで」と「野球選手」、私の作品 「割れる玉」。

指導の先生と多数のサポーターの方たちのお陰で つまづくことなく参加を楽しむことができた。さらに、スクイークを使いこなしている方たちの「ひと言」から教わる内容が濃かった。

0612245以前にもご紹介したこの「スクイーク」公式ガイドブック。とても分かりやすく、etoysを(プロジェクト単位で)進めていけるので実践的だと思う。 

ワークショップが日曜日であれば また参加したいね、と子供と話している。

|

« 棚卸し。 | トップページ | むなしい…。 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/13184252

この記事へのトラックバック一覧です: 「スクイーク・ワークショップ」。:

« 棚卸し。 | トップページ | むなしい…。 »