« 年末年始 営業日のご案内。 | トップページ | 棚卸し。 »

2006/12/21

振り返る。

いよいよ押し詰まって参りました。
白生地屋では 御用もまだまだ落ち着かない日々の中、今週末に控えた棚卸をどうにか収まるようにと願うばかりの思いですごしております。

今年は業界でも様々なことがあり、直接の影響はなかったにしても じわじわと不安をあおるような空気が渦巻くような時期がございました。その中に引き込まれるのがただただ嫌で、カラ元気でも良いから自分で出来る「楽しいこと」を追い求めていたような気がします。

まずはお年始にお預かりした横浜のHさんお手製の絞り。
三丈物の反物をご自身でぐるぐる絞られた縄状のソレを拝見したときには、母と驚きつつ 絞りの甘い部分を補強して差し上げようと、二人で手がけたことは白生地やにとってとても新鮮で(大変だったけれど意外に)楽しい手仕事でした。Hさんはお一人でなさったことなので、それがとても励みになったことを覚えています。

Hさんにはお染の御用を賜り、現在はステキに柄合わせされたお仕立のうえ、お召し物のひとつとしてお楽しみでございます。

この経験に加え、手染メ屋さんで体験染めさせていただいた風呂敷の絞り染めを経て、とうとう何も予定のなかった春の連休を使って 縦絞り柄の浴衣を自分で染めることを思い立ちました。手染メ屋さんでの染め仕事も大変だったのですが、この手で作った浴衣を着て祇園祭に出かけたときの喜びは本当に深いものでございました。

そして、ちょうどオットの悉皆による私の訪問着を丸洗いするについて、少し落ち着いたお年頃の訪問着を誂えることにしたのです。

振り返ってみると 今年は新しい事に主体的に関わってきた流れからか、謙虚さをもった心得というものを軽んじてしまった経験がございました。

06122110612212




本当に大切なことを託したこの可憐な一輪の花をここに置き、白生地やとして足元を確かめたい時にはいつでも拝見できるようにいたしました。

|

« 年末年始 営業日のご案内。 | トップページ | 棚卸し。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/13156073

この記事へのトラックバック一覧です: 振り返る。:

« 年末年始 営業日のご案内。 | トップページ | 棚卸し。 »