« 「こぬか薬師禅院」のおもてなし。 | トップページ | ありきたりのお仕事状況…。 »

2006/11/24

「京都国際マンガミュージアム 開館記念フォーラム」。

数日前に 案内のはがきを手にすることができた。オットは11時からの記念式典に、たまたま今年の町会長にあたった父の代わりに出かけたけれど、どちらも館長である養老孟司氏はVTRメッセージにてご挨拶されていた。

06112410611242

金剛能楽堂において、コーディネーター:茂山千三郎氏、パネリスト:高畑勲氏・竹宮恵子氏・寺脇研氏・夏目房之介氏といった顔ぶれで行われた。パネリストの方々からは、それぞれの現場・教育・官・研究(?)などの各側面からマンガミュージアムおよび日本のマンガについてのお話しを聞くことができた。日本独特の(表現方法による)文化発信を担ってしまったという点で、狂言(や能などの伝統文化)と共通するお立場からこぼれるお話しもあり、茂山千三郎氏の司会も分かりやすくて楽しいフォーラムであった。

「なんで『国際』なんだろう。」という点から なんとなくアングレーム国際漫画フェスティバルとの関係などを期待していたが、そういう存在ではないらしい。が、2008年に開催予定の「国際マンガサミット」(国際漫画家サミット)など、マンガを通した国際交流がはかられる。

日本のマンガが海外に浸透している例として、本屋にMangaというコーナーが設けられていることや バリ島の田舎で子供達にドラえもんの絵を描いて尊敬のまなざしを向けられたこと、またカリフォルニアの大学で日本の少女マンガの展示会が実現された様子や外国の人が日本語を学ぶきっかけがマンガであることが多い、なんてことがあるらしい。
その現状からやはりそろそろ日本のマンガをきっちり説明できる場を設けた方が良いのではないか、ということで「京都国際マンガミュージアム」なのであるという。

また、一般のミュージアムにありがちな「資料館的要素」だけではなく、教育研究機関としての機能と 元瀧池小学校の跡地利用としての地域とのつながりを持つ施設としても理想的ですらあるらしい。
…というような内容であったように思う。

とにかく明日、いよいよ開館日を迎える。明治2年に建てられた元小学校であり、新たな文化発信の担い手として再スタートするここを 多くの人に好まれつつ訪れ続けていただけることを願わずにはおれない。


追記:持ち帰った「えむえむ通信」などにはイベントの詳細情報などもあり、ファンにはたまらないだろう催しもある。私の場合 今だに離さずに持ってる「萩尾望都」さんなど、招いて欲しいよぉ。

|

« 「こぬか薬師禅院」のおもてなし。 | トップページ | ありきたりのお仕事状況…。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/12807161

この記事へのトラックバック一覧です: 「京都国際マンガミュージアム 開館記念フォーラム」。:

« 「こぬか薬師禅院」のおもてなし。 | トップページ | ありきたりのお仕事状況…。 »