« 恐怖の師走…。 | トップページ | 「脳に快感 みんなで アハ体験!」を待つ。 »

2006/11/29

繻子地のマフラー。

今日、繻子地のマフラーをお客様に送らせていただいた。
ご指示通り、色違いの二枚を箱に仕組むのが私のお仕事。
空気が乾燥した季節、指先が生地に引っかかると困るので 特にこのような薄物のお品物は取扱いに注意が要る。

061129106112920611293

まずは本日発送できたことがとても嬉しい。

このお仕事で私が最初にすることは マフラーの箱への収め方を決めることである。いろいろ試してみたが、生地皺をできるだけ作らないように、写真のようにした。箱を開けたときの見栄えはいかがなものだろうか。

絹100%の繻子地は染めると光沢が加わり、とても美しい色味が出る。ちなみにサイズは 30cm巾、130cm長さのお品物である。

また、この色の取り合わせはオットによるもの。
左などはシックなクリスマスカラーに見えなくもなく、一人黙々と手を動かしながら心はうきうきしていた。また、中の灰桜色と渋い黄緑系の色の取り合わせも 人によってお好みはあるだろうが、抵抗なく身につけることができそうな色に感じて、白生地やにとっては「オット、さすが…」なんてしみじみ思う瞬間なのであった。

このマフラーの取扱いも 慣れた頃にはお終いとなった。

|

« 恐怖の師走…。 | トップページ | 「脳に快感 みんなで アハ体験!」を待つ。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/12872716

この記事へのトラックバック一覧です: 繻子地のマフラー。:

« 恐怖の師走…。 | トップページ | 「脳に快感 みんなで アハ体験!」を待つ。 »