« 伏せ糊。 | トップページ | 限りなく素顔~♪。 »

2006/10/11

お魚をさばく (10/11)。

今日のお魚はツバス一尾・サゴシ2尾・そしてそして タチウオ一尾也。

061011ツバスもサゴシも素人にも さばきやすい大きさなのが嬉しいお魚ボックス。今回はツバスとタチウオがお刺身調理可能、ということで とりあえずサゴシは3枚におろして冷蔵庫へ。今夜のおかずはツバスとタチウオのお刺身盛り合わせということにした。

ツバスは大きくなるにつれて ハマチ・ブリと呼び名が変わる出世魚。お刺身の一切れは小さ目でも、厚めに切ったあっさり目の味わいでいただいた。
ツバスは皮が厚いので剥ぎやすいのが嬉しいもの。

さて、タチウオ。
タチウオは刺身にすると コリコリとした食感が良い。味は淡白だけれども たたきのように ネギなどの薬味と一緒にポン酢でいただくのが美味しい。
が、実はタチウオのさばき方を知らない。記事にはしていないが、今年の2月に続いて 今日で2度目のタチウオさばきであった。前回はこの細くて長い容姿に手探り状態で挑んだものだから 疲れてしまったが、今回は違う。皮の剥ぎ難さ、身の割れやすさなどと共に美味しさも知っているので、苦労はしたけれど、苦にはならなかった。

「慣れ」とは素晴らしいものである。

|

« 伏せ糊。 | トップページ | 限りなく素顔~♪。 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

鮮魚ボックスですね!
手際よくお刺身にされるんだろうなぁと、尊敬してしまいました。
私はあれからエル・コープに加入し、今日が配達第一日目でした。 野菜のお任せにドキドキし、早速調理して、「やわらかーい。しゃきしゃきー!」と一人鮮度に感動!(主人はまだ帰ってないので) いつか鮮魚デビューもしたいです。

投稿: seiko | 2006/10/13 19:26

seikoさん、コメントをありがとうございます!

いやはや「手際よく」というか、‘慣れ‘の素晴らしさを実感しております。
鮮魚ボックスは全く同じ魚種が続くということはないので、好奇心さえあれば 楽しめると思います(お二人なら量がちょっと多いかな?)。自己流で良いんだ!という根拠のない自信でさばいてますが、家族(特にオット)は鮮度だけで「美味しい」と喜んでくれます。

あ、そうそう。「さかなをさばく」という本を京都生協で見つけました。役に立ちそうであれば(例えばタチウオのさばき方などが載っていれば)ブログでもご紹介したいと思ってます♪

投稿: 白生地や | 2006/10/13 21:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/12245570

この記事へのトラックバック一覧です: お魚をさばく (10/11)。:

« 伏せ糊。 | トップページ | 限りなく素顔~♪。 »