« 発見! | トップページ | 中秋の名月ですけど…。 »

2006/10/05

糸目糊置き。

わたしのお誂え訪問着、である。
下絵が完成して、きものの地色を染める前に 柄に合わせて糊が置かれた。

0610051 0610052 0610053

下絵の線上に同じ太さの糊が置かれている。
下絵の糊を守るために生地面には薄いシートがかけられ、巻かれていた。
ゴム糊で伏せられた線(青色)と下絵の染料(黒っぽい色の線)があるが、下絵の染料の上にはこの後 伏せ糊が置かれる。
山の連なりや木々の並びは’ぼかし’でやわらかい雰囲気を出すので、その部分が地色に染まっては困るのである。

友禅方の職人さんが 伏せ糊前の糸目糊の段階に、わざわざこちらにまで足を運んでくださったけれど、「Yさんには糊を置く箇所はしっかり伝えてありますし…(ご自身でなく、オットが糊置き方までお品物を持って行っても構わない)。」との言葉に、友禅方と糊置方との息合わせを見た気がした。

友禅方のお品物を見る目は、その糸目の施された下絵に きもの全体に配された柄の各箇所に挿す色を秘めていらっしゃるかのように深かった。

お品物を置いて行かれて数時間後、「何かご質問などあれば、と思って…。」と、お電話をくださった。

私のお誂え訪問着。この私的な仕事を、この友禅方にお任せすることを選んでくれたオットと父に感謝したい。

|

« 発見! | トップページ | 中秋の名月ですけど…。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/12159439

この記事へのトラックバック一覧です: 糸目糊置き。:

« 発見! | トップページ | 中秋の名月ですけど…。 »