« 今夜の月。 | トップページ | お誕生日おめでとう。 »

2006/09/04

八掛なしの絵羽仕立。

絵羽仕立の言葉での「絵羽」を簡単にいうと 縫い目にまたがって付けられる和服の模様のことである。
もともとは、絵画的な模様を持った羽織を絵羽織と言い表したものの、対象が広がった言葉である。

060904さて、今回私が誂える訪問着の絵柄を決めるために八掛なしで仮縫い(総絵羽仕立)をしたきものが仕上がってきた。
この状態でオットが絵柄のテーマの写真 (この他数ショットほど)と 雰囲気を伝えるための教科書 と 元絵 を持って下絵方まで走ってくれるのである。

ちょうどお客様から友禅染のお誂え帯を受け賜っている件もあるので、それと一緒に下絵方での仕事が進められそうである。

このご依頼の帯は、きものの柄に合わせたものをご依頼で、オットのデザインを下絵方で生地に仮乗せした状態で お客様にご覧いただく運びとなる。

どのような下絵方での仕事になるか楽しみである。

|

« 今夜の月。 | トップページ | お誕生日おめでとう。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/11762763

この記事へのトラックバック一覧です: 八掛なしの絵羽仕立。:

« 今夜の月。 | トップページ | お誕生日おめでとう。 »