« 豚の角煮。 | トップページ | 淡交社 『京都で、きもの』 なごみ別冊 10月号 »

2006/09/30

「白生地や」が仕事で楽しいこと。

昨日は 以前コメントを下さった方にご来店いただいて、いろいろお話もできて楽しい時間を過ごした。
このわたし、お品物のご案内などはまだまだ未熟なのでオットに任せて、それでも帯揚げのお色を選ばれたり着尺の反物を広げて…これも今の私たちのお仕事なんだなぁ、としみじみ感じた。

初対面の人と接することは、かなり緊張するものである。
また、女はオモテには出ない と最初に義母から聞いていたにもかかわらず…、ということが気になって何をするにもためらいが先に立つ。それじゃぁ、しなければ良いじゃないか、なんてことにもならない。
特にブログでは何事にも試行錯誤する自分の姿が出ており、はっきり言って格好が悪い。が、白生地卸の看板を出すうちの店の様子を知っていただくために始めたわたしのネット活動なので、たちまち自分の中の矛盾を知ることになってしまった。

でも、それもこれも次第に楽しいこととして自分に取り入れていければステキなことじゃないか、とも思う。
根が単純なのである。
もちろん、ご来店いただいた方には、お品物をご希望通りに仕上げることでご満足いただくのである。仕上がったお品物をお手に取られた後にいただく メールやお便りが 何より嬉しいものである。


来週には横浜から所用ついでにご夫婦がお見えになる。
わたしにとって、この方たちはお客様とも接することをずっと教え続けてくださっている 先生のような気がする。両親やオットばかりでなく、わたしにも色んなお話をしてくださって、絞りの浴衣を自作したのもご夫婦の影響によるところが大きかった。今ではお目にかかるのが 本当に楽しみとなっている。


      ――――――――――――――――


さて、毎週土曜日は子供の送迎に 地下鉄を利用するのだけれど、今朝は国際会館行きのホームや車内には きもの姿・袴姿の人々が多く見受けられた。今年の単衣物の’しめ’に晴れをおつとめになられるのだろうか。
昨日のお方も 今日はおきもの姿で楽しい一日を過ごされるようにと願わずにはおれない。

日中はすこし蒸すかも知れないけれど、お天気ももちそうなので良かった。

|

« 豚の角煮。 | トップページ | 淡交社 『京都で、きもの』 なごみ別冊 10月号 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

金曜日は有難うございました!初めての事で漠然と色を考えていた為、いざ色を決めるということになり、たくさんの色の中から選ぶのに時間がかかってしまい、ご迷惑をおかけしました。色々アドバイスを頂いたお陰で3枚、決まりました。染め上がりが楽しみです。
次回オーダーする際には事前にこれ!という色を決めて伺います。ブログでも感じることが出来ますが奥様、ご主人様、お二人共お優しくて、お店に伺って和やかな気持ちになりました。また京都に行く際には必ず寄らせて頂きたいと思います。次回は色無地を(^.^)
P.S.:お心遣い、有難うございました♪

投稿: dragee | 2006/10/02 11:27

drageeさま、先日はご来店いただきましてありがとうございました。また、コメントまでいただきまして恐縮しております!

お誂えの御用は、それ自体が手仕事なので 大切にさせていただければ務まりますが、やはりご来店いただいた時のお話しや メールのお問い合わせでのやりとりから お誂えを楽しまれるお手伝いをさせていただくことが 重責ながら楽しくもあります。

drageeさまも地紋に合ったお色を選ばれまして、私も仕上がりが楽しみでございます。
すこしお時間を頂戴いたしますが、仕上がり次第送らせていただきますので、お楽しみにしていただきますよう、お願い申し上げます。

この度は本当にありがとうございました(*^_^*)。

投稿: 白生地や | 2006/10/02 13:52

こんにちは。今週は秋晴れの1週間となるそうで気持ちも穏やかになります。先週金曜日、お願いしていた帯揚げ3点が届きました。有難うございました。どんな色になっているかドキドキしながら包みを解きました。想像していた色に仕上がっていてとても満足♪母には地味と言われましたが(予想通り。。)昨日お茶会があったのでサーモンピンクの付け下げにベージュの帯揚げを合わせてみた処、最初は納得していなかった母も「あらっいいじゃない!」と♪他2点も初おろしの日が楽しみです。次回は帯締めと同じ色をオーダーしたいと思っております。朝晩、気温も下がってまいりました。どうぞお風邪など召しませんようにお気をつけ下さいね。

投稿: dragee | 2006/10/16 11:18

drageeさん。
早速の初遣い下さいまして、ご満足いただけたようで嬉しいです!
染まり上がった帯揚げは本当にどれも良い色で、きれいなお品物を目の前に並べるだけで楽しいものです。
きもの姿がしっくりくる季節になり、私も機会を作ってでも着たくなります。きもの姿を褒められると何だかとても嬉しくなるもので、drageeさんもさぞステキな着姿でいらっしゃるだろうなぁ、と思い巡らせております。また、お着物姿でもお目に掛かりたいです。
そして、私もきもの姿でこのお仕事ができるか…ちょっと考えてみたくなってきました。

嬉しいコメントを頂きましてありがとうございました。

投稿: 白生地や | 2006/10/16 13:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/12093195

この記事へのトラックバック一覧です: 「白生地や」が仕事で楽しいこと。:

« 豚の角煮。 | トップページ | 淡交社 『京都で、きもの』 なごみ別冊 10月号 »