« お誕生日おめでとう。 | トップページ | プレジデント社 『七緒 vol.7』。 »

2006/09/06

『えむえむ通信』(京都国際マンガミュージアム)。

こうなると、名称が長い「京都国際マンガミュージアム」である。
元瀧池小学校校舎は現在も白い幕に覆われている。

8月半ばだったろうか、町内の回覧で知ったこの「えむえむ通信」の存在。

060906やなせたかし氏の 「マンガミュージアム」を語る と題したインタビューや 倒れられてその後のご容態が気になる河合隼雄さんの 「マンガミュージアム開館へのメッセージ」 などが掲載されたVol.1である。

昭和(1988年)までの古いマンガ単行本・雑誌や風刺漫画などの資料の寄贈をつのった「お知らせ」もあり、まだまだ初々しい印象である。Webサイトにてミュージアムの詳細がわかる。

8月後半には 世界のプロ漫画家の一コマ漫画を集めた「第7回京都国際マンガ展」が 「不戦の希(ねが)い」をテーマに、61カ国計460人から1246点をもって開かれており、その中から 入賞作を含む221点が 京都市美術館別館で9月12日~24日の間 展示されるらしい。
マンガ展のこれまでのテーマもサイト内に紹介がある。
第7回の「不戦の希(ねが)い」はなんとなく重いテーマのようにも感じるが、第1回から見てみると バラエティに富んでいて面白い。

|

« お誕生日おめでとう。 | トップページ | プレジデント社 『七緒 vol.7』。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/11789327

この記事へのトラックバック一覧です: 『えむえむ通信』(京都国際マンガミュージアム)。:

« お誕生日おめでとう。 | トップページ | プレジデント社 『七緒 vol.7』。 »