« 下絵方にて。 | トップページ | 印刷物の色見本。 »

2006/09/15

必需品。

硯箱の中を見ると減っていたので補充した。
白生地屋の仕事には欠かせない、この渋札。

060915三角に切りそろえられた紙片をこよりに「よる」のは私の仕事。
湿気が多い日には柿渋のニオイが立ち、湿気の少ない日でも必ず鼻がむずむずする。

渋札にはお品物とその悉皆事を明記して、生地に開けた穴に通して付ける。千枚通しで開ける穴は生地の糸を切るものではない。

たまによそで付けられた渋札を見るときがあり、店のスタンプを捺したものやボールペンで書き込まれたものがあるけれど、それぞれに工夫があるのだろうか、色が生地に移らないか気になってしまう。

渋札は 墨で書かれた字を泣かさないので うちでは糊置きや染め、湯のしなどの職方をついてまわる上で安心である。私が何より頼りにしている仕事道具の一つなのである。

|

« 下絵方にて。 | トップページ | 印刷物の色見本。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/11906019

この記事へのトラックバック一覧です: 必需品。:

« 下絵方にて。 | トップページ | 印刷物の色見本。 »