« 帯地の柄付け。 | トップページ | ひと安心。 »

2006/06/22

アハ!体験。

「ひらめき脳」を読んだ。

脳の活動の中で その限られた量の記憶を連携させて得られる「アハ!体験」が、ドーパミンの放出を始めとする 脳にとってうれしいことを処理するシステムを とても活性化するのだそうだ。

そういえば私でさえも、新しい思いつきは「やる気」を連れて来るし、謎解きのようなことをする時に味わったワクワクもやもやした感じは解けた時の爽快感・達成感を増幅するような気がしていた。が、これは恐らく誰にでも当てはまることである。(脳がひらめくということの現象や機能的なこと、また より良いひらめきのために学習することの必要性などは 「ひらめき脳」茂木健一郎 ISBN4-10-610162-9 ¥715 にて知ることができるので 興味のある方は是非一読を。)

また、その他に私が自分にとって大切に感じている脳の働きがある。
それは、自分の内外問わず行き詰まりを感じたときに発揮される「視点の切り替え」である。
これは先の「新しい思いつき」とよく似た仕組みでもたらされるものだろうけれども、この働きによってこれまでどんなに助けられたことであろうか。そしてまた、これからも様々な局面で助けられることだろう。
その時のために 私の脳を錆付かせるわけにはいかない。
アハ!体験で、脳を喜ばせてやる習慣をつけたいぃ!

というわけで、先日の本に続いて今日発売日を迎え、めでたく手中に収めることができた。

060622

Aha! Experience」で脳に刺激を与えましょう!
』が『』になる!

川島教授は前頭前野の働きに着眼して脳を鍛え、茂木先生は脳の動態機能・ドーパミンの放出に着眼して脳にヨロコビの刺激を与える、そんな道具(ゲーム)を提供されていると思うのは 外れているだろうか。


追記)「脳に快感アハ体験」のゲームは、アハ体験について 本を読んでない人にも分かるように 説明がついてます。

|

« 帯地の柄付け。 | トップページ | ひと安心。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/10634874

この記事へのトラックバック一覧です: アハ!体験。:

« 帯地の柄付け。 | トップページ | ひと安心。 »