« 地底人たたきゲーム。 | トップページ | 京都・七月。 »

2006/06/29

お誂え浴衣 -仕立上がり-

5月の連休から取り掛かっていた浴衣が仕立て上がってきた。

060629生地を選んで柄を考え絞って、手染メ屋さんで色のアドバイスを受け、手ほどきを受けながら染めた。
この枇杷色のやさしいこと。
この帯とこんなに合うなんて、感動にしばし ぼー、と見入ってしまった。

染めたあと 乾いてから絞った糸を解いて 手湯のしから上がってきて ふわっとカサをもった絞り柄を手にした途端、いろいろ報われた思いがした。

さぁ、今年の祇園祭はこのいでたちででかけよう!


さてさて ちなみにお値段を。
・しじら浴衣地---¥3,150
・染め教室代----¥6,500
・手湯のし代 ---¥1,575
・お仕立て代 ---¥9,450
◎合計金額   ¥20,675

仕立上がりを受け取り オットの前で袖を通してみていたとき、父から「オクミにも柄を入れた方が きものとしてはしっくりくるやろなぁ」とアドバイスがあった。
なるほど、この次のためにしっかり憶えておこう。

|

« 地底人たたきゲーム。 | トップページ | 京都・七月。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/10722478

この記事へのトラックバック一覧です: お誂え浴衣 -仕立上がり-:

« 地底人たたきゲーム。 | トップページ | 京都・七月。 »