« それぞれの春。 | トップページ | 山下隆次 遺作展の鑑賞。 »

2006/04/08

紋紗 道行コートの墨打ち。

あるお家元のお祝いの席があるのよ、と受け賜った
紋紗 道行コートのお仕立て。
ご姉妹でご来店下さった 古くからご愛顧いただいているお客様。
これまではご自身で針を持たれていたらしいが、
今回はこちらでさせていただくことになった。

お品物は紋紗三丈物で それぞれ涼しげな流水柄と、細縞小花散らしの柄をもった2反。
私は普通に柄合わせをして、上前・下前両見頃と両袖、
そして道行コートの立衿2枚を墨打ちして 母に見てもらった。
くりこしを一寸から八分への変更など細かい部分のほかに、
何より私の大きな過ちは、引き返し分量が多すぎたことであった。
袷と同じ見頃の半量をとっていた。

コートだけれど、袷ではなく単なのである。
引き返し分は単の羽織と同じように短い目で良いのである。
紋紗のコート…墨打ち仕事も まだまだ侮れない。

|

« それぞれの春。 | トップページ | 山下隆次 遺作展の鑑賞。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/9493695

この記事へのトラックバック一覧です: 紋紗 道行コートの墨打ち。:

« それぞれの春。 | トップページ | 山下隆次 遺作展の鑑賞。 »