« 色を決める。 | トップページ | 柄を入れた風呂敷。 »

2006/03/31

色を決める。-くりまゆ紬のその後-

カラーコーディネーターのお友達と連れ立って来られて
お仕立てまで受け賜ったくりまゆ紬。

くりまゆ紬は栗の実につく虫の繭糸を繰った趣深いお品物。
白い生糸に混じって織り込まれたこげ茶色の糸が
それだけでとても味わい深い白生地になる。
そんな生地なので、染め上がりにはその色に
ややくすみを帯びた深みが加味されます。

今回、それを考慮に入れられて お友達とご相談され、
紬には やや明るい目の薄い青色を、
その(表地の)仕上がりを想定して
八掛には グレーがかったあわいピンクを選ばれました。

比較的薄いお色目だったので 
浸け染めで通常一週間から十日ほどで染め上がります。
染まりあがりを染め難チェックを兼ねて拝見いたしましたが、
「ちょっとした集まりに着ます」
とおっしゃるように、若い人の集まりの中で、
帯と帯揚げを濃い色で引き締めた すっきりとしたお姿を
思い浮かべました。

お仕立てには寸法のご連絡をいただきますが、
ご自身のきもの寸法をお持ちで無い場合は
身長と腰まわり(ヒップ)から標準サイズを割り出すことができます。
着ていらっしゃるおきものや長襦袢などを拝見させていただいても
こちらで測定できる部分もございます。

|

« 色を決める。 | トップページ | 柄を入れた風呂敷。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

この度はお世話になります。

自分の着物を仕立てるのは今回はじめてなのですが
三浦さんにお願いできたことをとても幸せに
思っています。

友人には顔映りの良い色を選んでもらったのですが
日本の色の世界、とくにお着物まわりには、
独特の色合わせの妙がありますね。
さりげなく、けれど的確なアドバイスをくださるご主人の
色彩感覚の豊かさ!とても頼もしかったです。

職人さんが、あの生地を、どんな色に染めてくださったの
でしょうか。
今は、仕立てて頂いている頃でしょうか。
いろいろな人のお力添えで、出来あがるのだと思うと
嬉しくて、ありがたくて、幸せだなあとつくづく思います。
人の手の仕事が、いつまでも無くならず続きますように。

私もいま、帯留を作っているところです。
こちらも、間に合うように、頑張ります。

親切にしてくださってありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 藤 | 2006/03/31 21:02

藤さま。

先日はご来店いただきまして誠にありがとうございました。
また、コメントをいただきまして、
何よりうれしいことでございます。

お品物の染まり具合を拝見いたしましたが、
すっきりとした良い色に上がっており、
「くりまゆ紬と八掛地」は胴裏と共に
納期に間に合うように、
すでにお仕立てにかかっております。

大切なお誂えきもの。
良いお品物ですので、藤さま手作りの帯留と共に
長くご愛用いただけることでしょう。

お品物がお手元にお届けできるまでは
やはり緊張しております。
お仕立て上がりましたら、ご連絡申し上げます。
どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

ありがとうございました。

投稿: 白生地や | 2006/03/31 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/9315721

この記事へのトラックバック一覧です: 色を決める。-くりまゆ紬のその後-:

« 色を決める。 | トップページ | 柄を入れた風呂敷。 »