« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006/01/31

またひとつ歳を…。

みずがめ座のわたしは、この一月に またひとつ年齢が上がりました。

新しい年が明けて、成人式やお初釜でお役立ていただいたご報告を耳にして、お喜び申し上げながらも 相変わらず帯揚げを染め出し、風呂敷用のちりめんや白山紬の白生地を裁ち、染め上がった風呂敷は箱に入れて発送準備をし、ご所望の服地やスカーフ生地をお送りするために揃え、お誂えの反物の墨打ちをさせていただく毎日でございます。

今月は お友達やご家族を伴って訪ねてくださった遠方のお客様も何人かいらして、そのようなこともまた、嬉しく感じました。

遠方からの新たなお客様からのお問い合わせも増えてきて、用途をお尋ねして白生地のサンプルをご用意させていただきますが、これが結構時間を要する場合もあります。が、わりと楽しんでさせていただいております。


オットに付いて白生地屋と家庭のことで手いっぱいなこの頃ですが、店の中での仕事がある程度習得してきましたので これからは少しずつお客様から教わることが増えることを期待しております。
私は店の奥に控えており、なかなか表には出ることがございませんが、何かと楽しみな今後でございます。

またどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/05

寒いです。

うちもそうですけれど、今日から店を開けるところも多く、昨日に引き続き挨拶まわりの人の出入りが多い一日でした。日中、小雪がちらつく中 引き戸を開けて入ってこられると 熱いお煎茶でひと息入れていただきながら 父と色んな話をして帰られます。

私はというと 悉皆物に添付するサイズの異なる二種の渋札を数十枚ほどこよりに拠って 職方まわりに備えました。

実は今、ちりめん三丈物を横段に絞りの柄を入れるお客様のお手伝いをさせていただいており、ご自身でくくられた絞り糸のゆるい部分の補強をしています。お客様もお楽しみでなさっているご様子に、こちらも素人で さて どのような染め上がりになりますか、楽しみに思いながら作業を進めています。

今日一日を終え、少しほっこりしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/01/04

あけましておめでとうございます。

今日、四日は挨拶まわりだけの予定が 朝からお客様がご来店くださったりと、嬉しい年明けでした。

明日五日から通常営業ですので、午後からはその準備を整えました。
今年もどうぞご愛顧のほど よろしくお願い申し上げます。

さて、明日は染め出しにかかるお品物もある中で、私が昨年末にお世話になった方にお風呂敷を差し上げようと思い立ち、その色を思案中でございます。
ふと 昨年店先で耳にした 「干支の色」 というものを知りたくなりましたが よく分かりません。
どなたかご存知であれば 教えてほしいものです。

店を意識し過ぎると なかなかブログも作り難いので 今年はなるべく地のままでいきたいものです。
スパムの標的にもなりたくないですねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »