« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005/09/22

婚儀用、お誂え風呂敷。

ここ京都あたりに限られたカタチなのかも知れない。
秋の深まりと共に、婚儀に備えてのお誂え風呂敷の仕事が増える。

050922-1
広蓋に並べた結納のお品物を包むための、中包み用 ちりめん三巾・外包み用 白山紬三巾、そして手前は使いやすいちりめん尺二の風呂敷を誂える白生地である。
050922-2 050922-3
白山紬とちりめん尺二には家紋と名前を、ちりめん三巾には名前のを入れるといった取り合わせが多くなってきた。お申し付けいただいた家紋や色・名前は紋帳で確認し、色本などの色見本を添え、お品物ごとに詳細を記した渋札を添付して職人方に手渡す。

納期はおおよそひと月先である。

kiri
桐箱にてお納めするとこのように仕組ませていただいている。

価格などは店のサイトにてご確認のほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/19

あかたま。

中秋の名月をすっかり見逃してしまった。
今夜は厚そうな雲が広がっており お月さまは拝めそうもないし。

050919

…子供が見せてくれました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/16

「源氏香之図」帯揚げ。

京都の白生地屋でございます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ただ今紋綸子 「源氏香之図」柄の帯揚げ地の在庫がございません。
新しく機にかけておりますので 十日ほどお時間をいただきますよう、お願い申し上げます。

genjikou


また、着尺・帯地につきましては、一点ものもございます。
ご来店に先立ち お電話かメールにてご確認いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/09/11

WONKAチョコ。

家族に立ち遅れて映画は観逃してますが食べ逃してないのがWONKAチョコレート

050911スイート目なミルクチョコレートにコーティングされて、少しダークなチョコの中にはキャラメルが…。
かなりヘビーなチョコレートですぅ。
残念ながらGOLDEN TICKETは入っておらず イギリスご招待は叶わなかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/08

秋を飾る。

明日は九月九日、重陽の節句にちなんで菊の花をウィンドウに生けてみた。

さて、秋である。各方面での作家の方々には作品展などの準備に奔走されているご様子が伺われる。急き物の仕事が入り、問い合わせが入り、職人さん達には急いで取り掛かっていただく。

追われる態勢にしんどい思いはあるけれど 勢いがあるのでこの時期は好きである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/07

お魚をさばく…え?

鮮魚ボックスの日である。
しかし西日本一帯を襲った台風14号が今朝もその余波をここ京都でも受けており、ここ数日 海上の高波警報が解かれることもなかった。
当然鮮魚ボックスはシケのために無いものと思っていた。が、それは届けられた。

050907しかも魚場が福井の赤カレイ、山口のレンコダイ、京都のサゴシ2尾である。なぜ漁に出られたのか…?裏切られたような気持ちと、なんとなく打ち身っぽい傷をもつ赤カレイに同情しつつ いつものようにさばいた。赤カレイは煮付けに、レンコダイはおかしら付きで塩焼きに、サゴシ2尾は後日戴くように甘味噌漬けにした。

家族にギモンを投げかけても ただただ「おいしい」とお箸を進めるだけで、何か腑に落ちない今回の養殖鮮魚ボックスである。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005/09/01

9月です。

白生地やです。
店のウィンドウを少し変えてみました。
二条通りの通りすがりにちら、と見ていただければ幸いでございます。

お品物が日に焼けると困りますので 日が傾き始めた頃には片付けます。

ウィンドウを飾るというのは かなり緊張するものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »