« メールの受信ができません。 | トップページ | メールの受信が復旧しました。 »

2005/06/05

平安神宮の神苑拝観。

学区行事として平安神宮の神苑拝観に参加した。
烏丸御池を朝9時に出発、徒歩で10時には到着。中京区に住まえば京都は歩いても決して無理のない街である。

050605-4 まず社務所において神宮方より神苑のお話を伺った。神宮内で生息する稀少な一文字タナゴ(小魚:別称ボテ)の生態など、興味深い話の数々であった。またこの時期、花ショウブの開花が見ものであった。

050605-2 これは7代目小川治兵衛の手による当神苑の中、蒼龍池(そうりゅういけ)の臥龍橋(がりゅうきょう)という飛び石で、ここを渡る人には「龍の背にのって池に映る空の雲間を舞うかのような気分を味わっていただく」という意図に置かれたものであるという。龍の背にのって…というような歳でもなく、池に落ちるのが怖くて飛び石体験は辞退した。水面を清楚に飾る睡蓮の花が分かるだろうか。

050605-1「今が見頃」と睡蓮に並んで期待していたのが河骨(こうほね)である。堀川ごぼうのような地下茎の根の断面が、骨のように白いところからこの呼び名が付いたとの説明であったが確認できず。その小さな花をやっと見つけて撮った。

050605-3この栖鳳池(せいほういけ)の泰平閣(たいへいかく)を渡れば神苑を一周したことになる。もともと御所にあったものをここに移したという。神苑内の池にはお尻に苔の生えたカメが少なくとも2尾は居るというお話であったから、ぜひそのようなめでたい長寿亀にお目に掛かりたいものだ(右端手前の石の上で甲羅干しをしてらっしゃる亀さんには苔を認めず)。

先日の薪能といい、この 歩くごとに心が和む庭といい、ここのところ平安神宮に癒されている~。

ところで午前11時ごろ、平安神宮の前にミニサイクルの集団を見かけたけれど…。

|

« メールの受信ができません。 | トップページ | メールの受信が復旧しました。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

色とりどりのかわいい感じの自転車じゃなかったですか?
おそらくモールトンさんでしょう・・・
残念ながら私は平安神宮のほうへは行ってませんが。。

投稿: しずか | 2005/06/06 11:08

なんだかフレーム(と呼ぶのかしら)が黄色くて、お揃えな感じでした。
タクシーの中から裸眼での確認だったので、ちょっと頼りない記憶です。

自転車だと京都の勾配を実感されませんか?
八条と北山あたりだったでしょうか(ちょっと忘れました)、五重塔一つ分ほどの高低差があるのではなかったでしょうか。体力づくりにもばっちりですね。

投稿: 白生地や | 2005/06/06 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/4419637

この記事へのトラックバック一覧です: 平安神宮の神苑拝観。:

« メールの受信ができません。 | トップページ | メールの受信が復旧しました。 »