« 興味深々改め興味津々…京都迎賓館。 | トップページ | 墨打ち待ちの反物。 »

2005/05/09

長襦袢。

長襦袢が一枚仕立てあがってきた。

050509-1 「紋綸子・麻の葉柄の長襦袢地」の白生地に色と寸法をご指定いただき、染めとゆのし・仕立てあがりまで、5週間程度のお時間を頂く。
袷でも単でも仕事内容に大差なく、ご希望があれば袷ものに胴裏をお付けすることもあるが、最近は袖のみ無双にするものが多いようである。

柄は麻の葉のほか、雪輪に花・サヤ形・梅の花・枝桜・雲取りなどがあるが、お品物は常に出入りを繰り返しているので顔ぶれが揃っているとは限らない。夏物としては、絹絽と麻の長襦袢地がある。

数年前、自分のために単の長襦袢を作った。楊柳の生地に鈴の柄が可愛くて気に入っているのだが、この夏 果たしてきものを着る機会はあるのだろうか…。

|

« 興味深々改め興味津々…京都迎賓館。 | トップページ | 墨打ち待ちの反物。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/4059282

この記事へのトラックバック一覧です: 長襦袢。:

« 興味深々改め興味津々…京都迎賓館。 | トップページ | 墨打ち待ちの反物。 »