« 仕事離れすぎ…。 | トップページ | 「きもの熱」。 »

2005/04/25

男物白山紬のきもの ‐四‐

男物白山紬のきものもいよいよお仕立てに入る。

050425-1こちらは‐壱‐より工程を追っている、表地は男物色染め三つ紋にて受け賜った尺一巾の白山紬である。通し裏(裏地)に小巾羽二重を共色に染めて用意し、寸法を添えて袷仕立てに出す。そうそう、袖口は白山紬の共布で。

050425-2こちらは別件でお急ぎの御用として受け賜った同じく男物色染め三つ紋の尺一巾白山紬、寸法を添えて単仕立てに出す。単の場合一尺ほどの余り布から取った布で肩開き辺りの衿の部分(首周り)に力布が付けられる。あぐらなどの座り方はなされないだろうということで居敷当ても不要である。


男物白山紬のきもの -五-

|

« 仕事離れすぎ…。 | トップページ | 「きもの熱」。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/3857902

この記事へのトラックバック一覧です: 男物白山紬のきもの ‐四‐:

« 仕事離れすぎ…。 | トップページ | 「きもの熱」。 »