« ミニチュア美術品・根付を拝見。 | トップページ | 授業参観。 »

2005/04/18

男物白山紬のきもの ‐参‐

男物白山紬のきものが染め上がってきた。
このきものを染めに出して直ぐ、別にお誂え男物白山紬の急(せ)き物が一枚加わったので、異なった色に引き染めを終えた白山紬が二反上がってきたのである。が、急き物である。染めムラなどの検品後直、二反共「紋糊落とし→上絵描き」のために職方にまわっていった。

‐参‐としてご紹介中のきものは紺系の色。袷仕立てのご依頼に、色見本を添付して通し裏にする羽二重を染めに出した。
また、急き物の方は青柳鼠。単でのご依頼であるので、袷とはまた違ったお仕立てとなるが、それはまた後日。

男物白山紬のきもの ‐四‐

|

« ミニチュア美術品・根付を拝見。 | トップページ | 授業参観。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/3755822

この記事へのトラックバック一覧です: 男物白山紬のきもの ‐参‐:

« ミニチュア美術品・根付を拝見。 | トップページ | 授業参観。 »