« 記事削除。 | トップページ | お魚のさばき方(3/4)。 »

2005/03/01

塩沢紬の「はやし織」と「やまだ織」。

「冬物に大島紬はあまり好ましくないかも…」と母。

昨日ふと見かけた冬物のきもの生地を「これは白大島ですね。」と言ったことを受けてか、母がつぶやいたことばである。調べるうちに、これが「白大島」ではないことを感じて今日、両親に確認してみた。これは通称越後紬という、かつて塩沢紬の織元で「はやし織」と「やまだ織」があり、その前者によるお品物であろうということである。はやし織物の、草木染の糸で手織りによる紬であるという。絣柄にもいろいろな表現ができるものである。「身にまとうと そぅた感じが良ぅてなぁ、そこらの品物とはぜんぜん違う。」とは父の談。

050301sss-2そこで母の箪笥から出されてきたのがこのハギレである。「やまだ織本場塩沢絣」とあり、すでに母のお召し物のひとつとなっている。
この件で、改めて紬ものの奥の深さを感じることとなった。むかしの良いものというのが確かに存在し、その良さを知らない私は、こうしてひとつひとつを手にとって教わっていきたい。手に触れると凹凸感があり、とても軽いのである。


◆この記事は前日分の記事削除に伴って内容変更いたしました。
平成17年5月13日

|

« 記事削除。 | トップページ | お魚のさばき方(3/4)。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。わかです。
私も気に入っている白大島があるのですが
あの軽くて、うすく、身にまとうとシャキッとした感じがあって、気持ちが良くて何とも言えず大好きなのですが。。。果たして白大島かしら?

着物良いですね。最近はあまり着なくなってしまいましたが、少しずつ着る機会を作って行きたいと思っています。
本当に綺麗な紫色とっても素敵です。

投稿: わか | 2005/03/02 22:09

わかさん、こんばんは。
コメントをありがとうございます。

私もそろそろきものが着たくなってきました。やわらかものを主に着る私ですが、新しい紬のきものはなんだか身体にそいにくい感じを受けます。本当は母たちから譲り受けて、幾度か水を通したもの(洗い)を着てみたいと思っています。

白大島には白地に色の入った柄があり、まわた紬にはないつるつる感がある、という印象です。まだまだ要勉強の私です。

ところでこの紫のつむぎ(都合で平成17年4月2日の記事に転載)。
私もわくわくして仕上がりを待ちます。

投稿: 白生地や | 2005/03/03 00:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/3133925

この記事へのトラックバック一覧です: 塩沢紬の「はやし織」と「やまだ織」。:

« 記事削除。 | トップページ | お魚のさばき方(3/4)。 »