« 「日本の大切なきもののための遺書」。 | トップページ | 「四つ身のきもの」。 »

2005/02/15

たまたま…。

店に、ある雑誌の取材のため、打ち合わせに人が訪れた。
午後の約束だったので、たまたま午前中に電気屋さんが来て 切れていた表看板の電灯を修理中、外された看板を洗ったりするのも 半ば楽しみながら手がけたものだ。
そのままの姿で午後になり、予定通り 打ち合わせにはオットがお相手しているところに、思いがけず 私に来客があった。常は表には出ないものを、わざわざ足を運んでくださったことへの嬉しさのあまり、のこのこと ご挨拶に伺いながら かなりうろたえてしまった。
ブログでお世話になるその方には、初めてお目にかかるというのに いくらなんでも(!)、という出で立ちである。じじむさいにも 程がある、というものである(っていうか、単なる言い訳?)。

ま、しかし 私自身は お見苦しいものだが、商品(白生地)の品質には関係なきことゆえ、さらっとご了承願いたいものである。
なにより、来客中でお愛想なしになってしまったことを お詫び申し上げたい。

|

« 「日本の大切なきもののための遺書」。 | トップページ | 「四つ身のきもの」。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、龍の目です。
今日は突然お邪魔しまして失礼しました。
お庭を拝見させて頂き、すごく心が洗われました。
こんな珍妙な唐突な訪問者と話して頂き、
本当に本当に感謝致しております。

投稿: 龍の目 | 2005/02/15 23:33

本当はもっとお話しがしたかったのです…。
自分の愛想のなさと、緊張する小心さを今更に後悔しておりますが、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

投稿: 白生地や | 2005/02/16 00:19

こんばんは、龍の目です。
先日の不躾な訪問を記事にさせて頂きましたので、
もしよろしければ足をお運びください。

投稿: 龍の目 | 2005/02/22 23:30

ステキな記事にしてくださってありがとうございます。
しかし龍の目さんは、白生地やにとって タイムリーな目をお持ちですねぇ…。それが一番のオドロキです。
あの上着はとてもステキにお似合いでしたが、京都で手に入れられたのですね!

投稿: 白生地や | 2005/02/23 01:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/2944012

この記事へのトラックバック一覧です: たまたま…。:

» 京都の目SP〜2月15日③堺町三条・二条新町篇 [龍の目]
いそいで宿泊先のホテルへ買物袋を置きに帰り、 ホテルの前の道に停車している建築家の女友達の車に乗り込む。 ごめんごめん。待たせちゃったねえ。 で、今日... [続きを読む]

受信: 2005/02/22 23:29

» 銀座で女性誌を買う [龍の目]
やはり非常に勇気が要りました。 かつてどうしても読みたい少女漫画を買った際に、 うちの妻君から頼まれました風の顔をして買った ように、 今回もまたそんな顔をして女性誌を買おうとしたのですが、 じつは2冊もあったものですから、どう考えても本人のものとしか思われませんもの。 女性が男性誌を買う姿は抵抗なく見えるんですが、 男性が女性誌を買う姿は「その筋?」と思われるのではないか�... [続きを読む]

受信: 2005/04/26 00:21

« 「日本の大切なきもののための遺書」。 | トップページ | 「四つ身のきもの」。 »