« お仕立て直し(まわた紬)のあがり。 | トップページ | 「日本の大切なきもののための遺書」。 »

2005/02/11

店のHP。

三年ほど前に店を手伝い始める際、HPも作ってみた。

HP作りについては何もかも独学で ワザもセンスも無いのだが、一年ごとに改良していくことにしている。当初は 必要としてくださる人に まず「白生地の卸屋」というものを 知ってもらうことに焦点を当てた。一年後に 商品の紹介を前面に出したものに作り直し、今年もようやく案が固まってきた。
昨年の 京都における中小企業のためのホームページコンテストで知った京都大学のHPを見て、訪問者別インデックスの「訪問者にやさしい案内」というものの価値に気付かされた。

うちの店は 紹介してくださる方によって 風呂敷屋であり、お誂え呉服屋であり、染色材料としての白生地屋であり、刺繍生地屋であり、和人形用などのちりめんのハギレ屋であり、ネクタイやスカーフ・ショールなどの洋装白生地屋であり、生地も絹・綿・麻があり、ご来店くださるお客様も多岐にわたることを身をもって知った。
昨年などは ちりめんや紋紗柄入り・金糸入りの帯揚げを 一枚から お好みの色に染めさせていただく新たなお客様が多かったのである。

今になって思えば ただ商品を前面に出しただけでは 決して分りやすいものではなかったようである。Dreamweaver MX 2004 も まだ慣れる段階にはなれず、前途多難だけれども ぼちぼち作業にとりかかれそうである。

白生地屋にとってHP作りは正規の仕事ではないので、時間も費用もそこそこに、でも楽しみながらやっていきたい。 

|

« お仕立て直し(まわた紬)のあがり。 | トップページ | 「日本の大切なきもののための遺書」。 »

「お仕事なこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/2891402

この記事へのトラックバック一覧です: 店のHP。:

« お仕立て直し(まわた紬)のあがり。 | トップページ | 「日本の大切なきもののための遺書」。 »