« 京都 宵ゑびす祭 | トップページ | 「きものを仕立て直す」仕事の流れ。 »

2005/01/10

京都 初ゑびす ~食べ物編~

ついでもあり、十日ゑびすに家族で出かけた。
時間帯にもよるのか、昨日より人出は少ないほどで 大和大路(縄手通り)の露天をゆっくりと見ることができた。

050110-1 050110-2 050110-3
まず 古都ほかまんじゅう。牛肉のしぐれ煮・きんぴらごぼう・しば漬けをミックスしたという具と 寒空に湧き上がる湯気に引き込まれて並んでしまった。口にすると しば漬けの味はよく分らなかったけれど、確かに美味しかった。甘めの牛肉のしぐれ煮ときんぴらごぼうは出合いモノだと思うし、冷めないうちに食べ切ることができるのも、こういうトコロで頂くには良いかも知れない。

050110-5なにやら目についたのがこれ。えびす焼。京都ゑびす神社前に店を構える鍵甚良房の一品である。うすく伸ばしたカステラ地にあんこを包み えびす様のお顔を焼き入れたもの。形を変えて 常より味も作りも 馴染みのあるお菓子である。

050110-4さて、夕食。四条縄手通り(店の箸袋には縄手通りと記載:大和大路)を東に入った南側に八雲という出雲蕎麦のお店がある。昔から芝居関係のお客さんが多いであろうこのあたりには 老舗の蕎麦屋も多いと思うが、無知な私でも 南座ねき(側:そば)の松葉、お向かいのやぐ羅、そしてこの八雲は知っている。本当は鴨の鳥南蛮が食べたかったのだが、その品数から三味割膳というような名の 割り子蕎麦セットを頂いた。海老天・おろし・とろろといった割り子蕎麦と かやくご飯、煮物一品、香の物。分量も丁度で美味しくよばれたけれど、外の寒さを考えるとやはり 温かいお品物にしても良かったかも知れない。

それから昨日の記事に一つ訂正を。
「人気大上也」というのは誤りで 正しくは 「人気 大よせ」である。

|

« 京都 宵ゑびす祭 | トップページ | 「きものを仕立て直す」仕事の流れ。 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/2532113

この記事へのトラックバック一覧です: 京都 初ゑびす ~食べ物編~:

« 京都 宵ゑびす祭 | トップページ | 「きものを仕立て直す」仕事の流れ。 »