« 「ドスペ!」 | トップページ | すぐき。 »

2005/01/16

恒例 初笑い おやこ狂言会

金剛能楽堂が四条室町より烏丸一条に移転して二度目の新年を迎えられた。

050116-1おやこ狂言会は今年で十七回目。大蔵流 茂山一門会 面々の出演による、初心者や子供にも親しみやすいよう 配慮された鑑賞会であり、私たちも昨年よりここに足を運ばさせて頂いている。

050116-2さて、今年はその演目によって 幼児用に午前・小学生用に午後・大人のための夜、の三回公演で行われた。鑑賞した午後の部の演目は附子(ぶす)・因幡堂(いなばどう)・二人袴(ふたりばかま)。附子は 茂山千五郎氏演ずる太郎冠者と 茂山あきら氏演ずる次郎冠者の掛け合いを、また 因幡堂では、迫力のある丸石やすし氏の女房にいじめられる男を、茂山千之丞氏の表情豊かな好演に 楽しませていただいた。
そして二人袴。舅(茂山千五郎氏)の下へ聟(むこ)入りの挨拶に出向く、兄(茂山茂氏)と弟(茂山童子氏)の一枚の袴をめぐる愉快な展開が 三人で「舞う」場面によって 楽しくめでたい雰囲気の中で大いに笑わせてもらった。

050116-3小腹の空いた帰り道、烏丸竹屋町のシュークリームのお店「クレーム デ ラ クレーム」に立ち寄った。写真のデザートはプロフィットロール。

ところで

050116-4 050116-5
今日の昼頃は日差しも明るく、開場前には ここ烏丸通りの沿道から「全国都道府県対抗女子駅伝」に直接声援を送ったりしたが、その中に 茂山千五郎さんや丸石やすしさんら三人のお姿も見られた。トップランナーにシャッターを押した瞬間に白バイが被ってしまった。

|

« 「ドスペ!」 | トップページ | すぐき。 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10547/2594621

この記事へのトラックバック一覧です: 恒例 初笑い おやこ狂言会:

« 「ドスペ!」 | トップページ | すぐき。 »